言葉で伝える

おかげさまで今月はたくさんのモニターセッションをお申込みいただいており
ありがとうございます。

色々なペットちゃん、いろいろなシチューエションで勉強させていただいています。
そんな中、移動も多いのですが
先日バス停でバスを待っていたときのこと。

私の前に一人の方がいました。
バスが到着しバスが停車すると、いきなりバスを触られました
「?」としっかりその方を見ると手には白い杖を持たれています。
バスの昇降口を手で触って確認されていたのです。
そのあとは慣れた様子でバスに乗り込まれ
私も続きました。

バスは空席もあります。でも立たれています。
「すぐにおりはるから立たれてるのかな?」という私の
大幅なバカな勘違いのあとすぐ
「見えないから空席もわからんやろ?!教えてあげたほうがいいよね?
どういう風に言えばいいんだろう??」と
ちょっと心の中で葛藤してるうちに
後ろの女性が「右側席空いてますよ」と声をかけられました。
白い杖を持った方は一礼して座られました。

悩むほどのことではないその状況をきちんと言葉にすれば
よかったんだ!と猛反省した私。

セッション中、飼い主さんに
「思ってるだけでも伝わることはありますが、
声に出したほうがより伝わりやすいですよ」と
いってるくせに
声に出さなきゃ伝わらないこんな状況で、声に出して伝えられないなんて・・
その奥には、目の見えない方は自分ペースで動いてられるから
下手に手出しすると感覚がわからなくなるから迷惑だという話も
聞いたことがあったので、私の中に持ってはいけない先入観が
あったんだと思います。

ひとりの人として先入観など持たず、その状況をきちんと把握し
きちんと言葉にして伝えられなきゃいけない。
ましてや、私は声にならないペットちゃんの言葉を
お伝えしているアニマルコミュニケーターなのだから
もっともっと声にだす言葉を大切にしなきゃと思い
深く深く反省しています。

とても簡単なことです。そのままお伝えすればいいんです。
バスが到着したときも、私が白い杖に気が付いて
あと1歩右ですと言えれば、止まったとたんのバスに
触るなんてことせずに済んだのに・・・

日常の小さな出来事だったけど
私には気づきの大きな出来事になりました。
日々是精進。日々是勉強です。

無料対面モニター募集中!






人気ブログランキングへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック