無麻酔下歯科処置のお話

関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
一緒に話そう。一緒に笑おう。一緒に悩もう。一緒に泣こう。
動物対話士®のこみやちかです!

いつもお読みいただきありがとうございます!



関西 アニマルコミュニケーター


前回の犬さん猫さんの歯の話はみなさん興味深かったようですね。
どれだけうちの子の体調や健康に気を使っておられる方が多いか
知れてよかったです。

今回は今話題の無麻酔下歯科処置のお話しです。

うちの看板娘のパグのピースは短頭種なので
お鼻の長い子よ麻酔時のりリスクが高いです。
飼い主としてできれば麻酔はしたくないというのがずっと思っていたところです。

避妊手術やMRI検査・ヘルニアのPLDD手術の本当に使わざるを得ないときしかしていません。

なので無麻酔で歯垢歯石を取ってもらえるならこんないいことないやん!って
実際思ってました。さほど歯垢がついてないので施術はしてなかったんです。

今回の講義できいて背筋が寒くなりました。

この講義の土台になっているのは
日本小動物歯科研究会での論文です。
http://sa-dentalsociety.com/
まず無麻酔下での歯垢歯石除去は完璧ではないということ。
暴れてない子で口の中を触らせてくれる子であっても
表側の見えている部分しか取れません。

前回お話ししたようにほとんどの子が歯周病を持っています。
歯周病の子は歯垢はポケットといって歯茎の中までついています。
歯の裏側の歯垢や歯石はとれないということです。

無麻酔なので嫌だ!と暴れるます。
その結果下顎が脱臼したり骨折したり歯自体が折れたり
動物さんが予期せぬ動きをすることで歯肉が裂けたりするそうです。

見えてる部分だけの処置では当然歯周病はよくならず
悪化する場合もあります。
強い力で保定することにより死亡などの悲しいことも
起こる場合もあります。

加えて私個人が一番ひっかっかったのが心の問題です。

意識のある中押さえつけられ
とがった器具を口の中に入れられ時には痛い思いをすることで
ペットさんたちは口を触ることに
強いトラウマが生まれるのです。

そうするとなんとかできていた自宅での歯磨きができなくなる。
口を触ると攻撃してくるという結果
自宅でのケアができなくなります。

美的にきれいにするだけではなく
歯周病の根本的な治療を望むならやはり餅は餅屋。
きちんとした処置が必要だなと感じました。

獣医さんと無麻酔下処置
それぞれのメリットデメリットをよく理解し
それぞれの家庭にあったものを選ぶべきですね。

知識はあったほうがいいです。
選択肢もあったほうがいいです。
いざというときのために
うちの子に何かあった時に
すぐに動けるよう知識や選択肢備えておいてくださいね。







にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座や
ペットロスに特化したうちの子きずなノートワークショップ開催などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース11歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック