うちの子に噛まれた心の痛み・・・・

関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
一緒に話そう。一緒に笑おう。一緒に悩もう。一緒に泣こう。
動物対話士®のこみやちかです!

いつもお読みいただきありがとうございます!



関西 アニマルコミュニケーター アニマルコミュニケーション


さて前回の記事でうちの看板娘ピースに噛まれた話をしましたが
私とピースの関係をよく知ってる方なら
ピースがお母さんを噛んだ?!ってびっくりしましたよね。

メルマガやインスタではよくお話ししてるんですけれど
ピースは加齢に伴い怒りの沸点がとても低くなっています。
認知とはいかないまでも
正常な判断ができていないときがあります。

今までなら絶対に私に牙をむくことはなかったけれど
怒りの沸点が低くなってることに加え
強制排尿でしかおしっこができないピースなのに
おしっこしぼりが嫌で嫌で仕方ないのです。
「いやだ!絞りたくない!」と
必死で抵抗しているにも関わらず
「絞らないと死んでしまう!ピースのその希望は聞き入れならない」と
強行突破したのでがぶりといかれたわけです。

その時も嫌だいやだと言っていたので
おしっこしぼりの重要性と必要性を
ちゃんと冷静に説明したつもりでした。
ピースもそこはわかってくれていると思いました。
嫌でも我慢しなければいけないって今までなら
ちゃんとわかっていたのですもん。

でもそこが正常な判断ができなくなっているのと
わかっていたのは頭でだけで・・
心はわかっていなかったのです。

ピース自身噛んだときの記憶は飛んでいたようです。
少し時間がたって我にかえったとき
私の腫れあがった手を見て
「ごめんなさい。ごめんなさい」と涙ぽろぽろ出しました・・

私もピースも噛まれた傷より心の方が痛いという
表現がぴったりくる出来事でした。

そして今まで問題行動で噛むというご相談もたくさんありました。
ペットさんが何故噛むのかという原因とともに
ペットさんのつらさを私はお伝えしていたんだけど
飼い主さんの心もとても痛いのに
そのケアにあまり重きを置いていないことに気が付きました。

あ。。ピースが私を噛んだことにもちゃんと意味があったんだね・・・

原因はわかった。でもおしっこしぼりをやめるわけにはいかない・・
ここからまたピースと話合いの日々が続きます。
続きはまたの機会に・・





にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座や
ペットロスに特化したうちの子きずなノートワークショップ開催などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;西日本一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(社)動物対話協会認定)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代霊気マスター

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース11歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック