膀胱(ぼうこう)の声を聞こう!


関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士®のこみやちかです!

いつもお読みいただきありがとうございます!



関西 アニマルコミュニケーション


うちの看板犬パグのピース11歳は
3年前の多発性ヘルニアの後遺症から
膀胱の筋肉が落ちてしまい自力でおしっこができません。
私たちが毎日数回膀胱を圧迫して強制排尿させるのです。

大変といえば大変だけど
外でしかおしっこができなくて毎日連れて行かなければならないと
状況はそんなに変わりませんよ。
天候に左右されない分こちらのほうが楽かも。

おしっこを絞るときには
もちろんピースにも「おしっこしよ~」声かけします。
そしてまず膀胱の位置を確認して触りたまり具合を確認してます。
そのときに膀胱にもピースにも「しぼるよ~力抜いて~」と
声をかけます。

ピースが構えていても絞れません
もちろん膀胱にきゅっと力が入っていても絞れません

みんなでタイミングを合わせて絞るのです。
このタイミングがあわないと
膀胱は張っていておしっこたまっているはずなのに
だせません。

もちろんこれは私が動物対話士だからじゃなくて
経験上体験しつつわかってきたことです。

そして私と同じようにピースのおしっこしぼりをする旦那も
私が情報をシェアしていないのに
見ていたら同じように声かけて絞っています。

ペットであるうちの子と対話するってことを日々お伝えしているのですが
対話なんて日常生活のあちこちにころがっているんですよ~





にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座や
ペットロスに特化したうちの子きずなノートワークショップ開催などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;西日本一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(社)動物対話協会認定)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代霊気マスター

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース11歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック