シニアさんの接し方の基本中のきほん

関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士®のこみやちかです!

いつもお読みいただきありがとうございます!



関西 アニマルコミュニケーター



家庭で暮らしているペットさんは
私たちと同じような病気になりますよね。

最近はシニア犬の認知症というのも
よく聞きます。

昼夜逆転する。いつまでもごはんを欲しがる。
こちらの言ってることがどうも理解できてない様子がある。
などなど人間と同じ症状がでているようです。

認知ほどでもないけど
寝たきりで耳も聞こえてないシニアさんの飼い主さんから
お世話をするときに声掛けした方がいいでしょうか?という
質問をいただきました。
答える前にその方に質問しました。
「あなたが産まれたてでまだ何もわからない赤ちゃんのお世話するときに
いきなりふとんはいでいきなりおむつかえますか?
ミルク飲ませるときにいきなり乳首口に突っ込みますか?」
その方は笑われて「ですよね~」と言われました。

対赤ちゃんであったりお年寄りであったりですが
必ずひと声かけます。わかっていようがわかっていまいが・・
ペットさんも同じです。
どうしていいか迷ったら自分ならどう接して欲しいか
どう声掛けしてほしいかまず考えてみてください。

そうすると自ずと答えは見つかりますよね。
決して難しいことではないですよね。

私が伝えたいのは
みなさんが思うよりペットと私たちには境界がないということです。

そんなことに気が付くのも
わが子と話そう動物対話基礎講座です。




にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ



                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座や
ペットロスに特化したうちの子きずなノートワークショップ開催などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;西日本一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(社)動物対話協会認定)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代霊気マスター

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース11歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック