ペットさんと快適に暮すためのあなたの意識の変化

関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士®のこみやちかです!

今日もお読みいただきありがとうございます。



01pet.jpg



先日預かったフェレットも無事息子の元に帰っていきました。
この子愛情表現としてぺろぺろ私たちをなめてくれるのです。
段々興奮してくると甘噛みをするのです。
甘噛みと言ってもちっちゃい歯なので
こちらもそれなりのダメージはあります。


「痛いからやめて」とはいいますが
あまり悪気がないのでなかなかいう事を聞きません。
そこで旦那が考えた策は長袖長ズボンで肌を露出させない。

興奮して甘噛みするから叱るのではなく噛まれる前に
噛まれないようにするというスタンスです。


わが子パグのピース10歳は小さいころ紙類が好きで
紙があると必ずむしゃむしゃかじっていました。
その頃はこれは食べられないものだと
叱っていたのですが・・・
今になって気が付いたのです。
私たちがピースの手の届くところに紙を置かなければ
無用に怒ることもなかったのにってね。

一緒に暮らすということはそういう事なんだと思うのです。
どちらも我慢をすくなく快適に暮らすのには
どうしたらいいのかを考える。

もちろん時々で叱ることも諭すことも必要です。
原因を探ることも必要です。
習性と本能になると時間がかかります。
フェレットのように短期間のお預かりであれば
今回の旦那の対応もまずまずだったのではないかな。


すべてペットさんに押し付けるのではなく
飼い主側も意識の変化も大切にしたいな。
少し見る方向を変えることで見えてくることもありますね。



                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用













にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;西日本一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(社)動物対話協会認定)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代霊気マスター

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース11歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック