#31猫のH君のセッションレポ

<性格・雰囲気>

いつも凛として背筋伸ばして生きてる感じ。
賢い(聡明といったほうがぴったりきます)
受け答えもしっかりしてるが、ちょっとつかみどころない感じで
うちに秘めてる感情が豊かなイメージ。言葉数は少ない

<飼い主さんの感想>
小さいときからおっとりしてます。
先住のボス猫はだれもよせつけなかったけど
唯一Hだけは気を許してました。賢いからかな?(笑)


<好きな食べ物はなに?」
わ「どんな食べ物が好き?」
H「名前がよくわからない」
わ「じゃ、イメージで見せて」
しゃばしゃばの汁かけごはんのイメージを見せてくれました

わ「それが好き?」
H「うん」
ものすごく丁寧に食べてる感じが伝わってきました

<飼い主さんの感想>
⇒笑っちゃいます!私的には「お肉大好き!」って言ってくれるかと思ったんですよ。
「汁かけごはん」は最近ドライフードをお湯でふやかしているものか、
缶詰のウエットフードのことかどっちだろう?


<ドキドキうれしいときはどうするの?>
わ「うれしいときはどんなことするの?」
返事なし

わ「その時の様子みせて」
何か食べ物をもらうときに背伸びして、手でくぃくぃとやってるイメージ
そのまま高いところへぴょんと飛びあがり、また飛び降りると言った
動作のイメージをみせてくれました。
ぷらす、くるくる回ってるイメージも伝わってきました

<飼い主さんの感想>
「おなかをさわってあげたりするとタオルを自分の爪にひっかけて
糸を一本だしてその糸を舌でシャリシャリなめる」ことをやるんですが
他の猫はしない行動なので、うれしいときの行動だろうとおもっていました。
が、ちょっと違うみたいですね。
目が見えないことと後ろ脚に障害があるのでジャンプはできないので
ちかさんに伝えた動作はしないんですが、
ちかさんに見栄張ったのかしら。
そういうことがホントはやってみたいのかしら。



<一番いやなこと?好きなこと?>
わ「今、一番嫌なこ教えて」
なかなか返事なし。。。
わ「じゃ、先にすきなこと聞こうか?」
H「ゴロゴロねてること」
結構大胆な姿勢(仰向けで)で寝てるイメージをみせてくれました
自分のベッドとかじゃなくて、ソファーお布団のイメージ。
素敵な微睡といったイメージが伝わってきます


わ「嫌いなことは?」
またなかなか、イメージも言葉も伝わってこない・・・

ぼんやり見えたのは
ぼや~っとした空間で閉じ込められてるイメージ
もあもあした空気。狭い空間。キャリーの中?お風呂場?
でもその空間が私にはどうも「今」ではなく、過去のイメージが
伝わってきたのですが・・・・

そして、その様子を飼い主さんに遠慮して言えない感じ
わ「それが今なら、遠慮せずに言ったらいいんだよ。
  言っても、その嫌なことがなくなるかどうかわからないけど・・・
  一応伝えておくよ」

返事なし
これ以降は何も伝わってこず
この質問は終わりにしました

<飼い主さんの感想>
いやぁ、これは泣けますね~。
実はセッションお願いしたちょうど一か月半前位に
突然けいれん発作があって緊急入院。
九死に一生を得て
(獣医さんにはあの状態から復活したのが不思議と何度もいわれてます)退院してきました。
小さいときに捨てられたHを拾って、
Hは実はいままでいろんな病気をして病気のデパートで
しょっちゅう入退院し2年前位から失明したりして・・・
今でも薬を飲ませてます。
だから「狭い箱」は病院での入院であり、
いやなことは「お薬をのむこと」なんでしょうね~。
やっぱりそうなんだ~。
でもわたしに遠慮して言えないんだ。遠慮なんていらないのに~~。



<これからどうしていきたいか?>

わ「お母さんがこれから何がしたいか聞いてるよ」
H「う~ん。とくにない。食べて寝てそれだけでいいよ」
わ「お外とか行くの?」
H「あんまり行かない」
わ「それで大丈夫なの?」
H「うん。」
わ「お留守番は大丈夫?」
H「寝てるから特にない」
言葉では直接伝わってこなかったのですが
ひとりで好きにさせてくれたらいいよ。
あんまり構わなくていいよって
ことも伝わってきました

とても大事にされてる様子で、それをHくん自身もとてもありがたがってる
イメージが伝わってきました。

わ「お母さんに伝えておきたいことある?」
H「いつもありがとう。何もなく過ごせてるのはお母さんのおかげだと思ってる」
わ「感謝できるってえらいね。今、特に不満とかない?」
H「うんない。なにもかも今のままで十分」
わ「きっとお母さんもHくんがいることで、毎日幸せで楽しいんだと思うよ」
H「それはわかってる。」
この言葉の中に、お母さんを守らなきゃという気持ちも感じられました。


お話しをさせてもらって、いつも何事にも動じず
特に何をするということもないのだけど
家の守り猫というイメージがしました。
あまり感情を表に出すタイプでないようですが
しっかりおうちに状況などわかってる様子です。
これからも、平穏に楽しく毎日を過ごせればいいですね

<飼い主さんの感想>
コインパーキングに長期放置されたレンタカーの下に
ゲージの中にはいった推定一歳前の猫、それがHとの出会いです。
体が弱くたくさん病気しました。
今はかわいくてしょうがないです。
わたしを苦しませまいと、嫌なこともはっきりいわないところをみると、
わたしが大好きなのが重いんでしょうね~(笑)。ごめんねぇ・・・。


セッションありがとうございました。
ても通じ合ったきがしました。
これからもHとたのしくゆっくり毎日過ごしていきたいです。



<後記>
目がみえないとか、体がしんどいだとかいう
感覚は一切伝わってきませんでした。
悟られないようにしてたのか?
これは私の力不足です。もっとつっこんで話を
聞くべきだったと思っています。
ジャンプはできないのに、飛び回ってる映像がはいってきたのは
私に元気をアピールすると同時にHくんの願望でもあるような気がします。
Hくんの心の奥に潜んでる気持ちをもって汲み取ってあげられたらと
反省しています。
とてもいい勉強させていただきました。ありがとうございました。




人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
生息地;京都


★動物対話士(R)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック