ペットと同伴避難について

京都を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士(R)のこみやちかです!
おはようございます。

今回の台風からの大雨被害
昨日はまた違うところで川が決壊したり
たとえ水が引いても・・残る問題は山積みです。







1303B585.jpg


そしてペットと一緒に生活してる私たちにも
考えさせられる問題はたくさんあります。
今日は少し固い内容ですが
飼い主として大事なことなのでぜひ読んでください。


https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf
↑こちらは環境庁の災害時におけるペットの救護対策ガイドラインの抜粋です。

動物愛護法改正により災害時に動物が適正に飼養保管されるための
第六条第2項3が設けられ、各市町村はそれにそって
動物愛護管理推進計画を改めていますが
まだまだ浸透せず
今回の常総市の避難所となっている現場でペットとの避難を
拒否される例もあちこちででているようです。

東北大震災のときにも大変問題になったことです。
あの時一番ペットに優しかったのは新潟県です。
いち早くペットと同伴避難できる体制を整えたのです。
これは平時から対策をきちんと立てていたことと
新潟は平時から動物愛護の意識が大変高くガスの殺処分は0
また殺処分数が全国一少ない県に加え
過去の中越大地震などの教訓をもとにきちんとした体制が整っていたそうなのです。
避難校舎の中にペットが入れる部屋を学校ごとにきちんと決めてあって
そこを開放してくれたのだと。
(去年行われたペットの視点で3.11を考えるトークショーにて
朝日新聞机美鈴さんのトークショーを聞いて抜粋したものです)

各市町村対応が違ってます。
ぜひ皆さんも自分の住んでいる市町村にペットとの避難について
平時からきちん把握しておいてください。
もし同伴避難はできないと言われたら
先にだして環境庁のガイドラインを印籠のように差し出して
意見を求めてみてください。
大切な家族の為にできることはしましょう!

そして今茨城でペット同伴を断られてにっちもさっちもいかない方のために
ペットを一時預かりしてくださる団体があります。
このブログを読んでくださってる方に先にそんな困った方が
いらっしゃったらぜひ教えてあげてくださいませ。
http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12071824452.html


そして無料メールマガジン「動物対話士こみやちかのひとりごと」の登録こちらから
PC登録用フォーム
スマホ登録用フォーム
携帯登録用フォーム
アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック