動物対話基礎講座受講の感想

京都を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士(R)のこみやちかです!

真夏のような陽射しと気温が続いていますが
みなさんもペットちゃんも大丈夫ですか?
暑さに体が慣れていないこの時期は色々大変。
無理せずすごしてくださいね



a1370_000167_convert_20150529094158.jpg


5月26日27日と動物対話基礎講座の初級から上級まで開講しました。
その受講生の方から感想をいただき
ご自身も他の講座でも実際受講した方の感想はとてもありがたく
参考になるので
みなさんにシェアしても構わないと言っていただきましたので
記事にさせていただきます。

どんな内容かイマイチわからないし・・不安だという方は是非参考にしてくださいね

*********************************
ちかさん、5月の講座有難うございました(^-^)!

受講しました者の1人として、感想を書かせていただきます。
《あくまで1個人の感想です》

5月の初級〜上級を受講いたしました。

まず、とっても楽しかったです!
「動物と意思疎通するための心構え、こつを学んで帰って、
うちの子と、これから、こつこつ話しかけたり触れ合う癖をつけて、
今までよりも、うちの子たちと対話できるようになりたい」
その目的で受講をきめた自分の感覚は、
私にとって本当に間違いではなかったと確認できました。
正確には、受講の目的は、
「動物、うちの子たちと対話ができる、という、
確信に、自信を持ちたい。講座で、その直感を、確認したい」
というものだったかもしれません。
本当は、きっと我が子の声を、誰もが、
動物であろうと、
しぐさ、表情、鳴き声、雰囲気から、
なんとなく、またはしっかり、
飼い主であり保護者の私たちは、受け取れている。

だけど、「気のせい」や、「動物は言葉を話さないしな」という、
思い癖や心のブロックで、「コミュニケーション、会話は成り立たない」と、
思い込んでいる。

自分が我が子から常々受け取っているメッセージが、
「これって、メッセージですよね?」
ということを、講座で確認したかったのだとおもいます。

講座が終わり帰宅したら、今までどおりの我が猫の鳴き声やしぐさも、
必死に全身で対話しようとしてくれているんだ、と思うようになり、
今までより自分の直感を信じて、自分からももっともっと話しかけたり
メッセージをよみ取ろうとする、姿勢ができました。

動物が話そうとしてくれている、
飼い主も読み取れている、という
自信、土台、確信が、できたからだと感じています。

いろんなひとに話してきかせたいです(o^^o)

本当に、有難うございます!
*********************************

★素敵な感想ありがとうございました!
また出会える機会楽しみにしいます

そしてメールマガジン「動物対話士こみやちかのひとりごと」の登録こちらから
PC登録用フォーム
スマホ登録用フォーム
携帯登録用フォーム


アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

(o^^o)

たびたび失礼してます(^-^)
講座を受講しました者です。

お忙しいなか、感想を早速、記事にしていただき
有難うございます(*^^*)

愛猫を亡くして講座を受けにいき、
こうして今想いを、シェアして頂いている、、

なんだか、悲しみからめまぐるしく色々あって、愛猫もびっくりしていますが(笑)、
お陰様で深刻なペットロスには陥らずに済んでいる日々です。

感想に感想を重ねちゃいますが(笑)、
受講後の我が家の変化をコメントにて失礼します(^-^)

受講後、今いる猫らに、
そして亡くした猫らに、
体もしくは写真に向き合って、
めちゃくちゃ、話しかけるようになりました(笑)
すると、
今まで鳴くのは基本的には、ご飯!か、遊んで!、の「にゃー!」という催促だったのが、
用がない時でも、ねえねえ、みたいな感じの「にゃ。」や、
ただ話しかけている雰囲気の「にゃん♪」が、加わってきました。
私が、待ってて!とか、猫らに何かしてほしいとき以外も、ただ話しかける癖をつけたら、
愛猫らも、ただ話しかける、ということを
返してきてくれるようになった、と、感じます。

今までなんでもっと話さなかったんだろう、
猫の横か、膝に乗せて、無言でゲームとかしてましたが(笑)、
それで寄り添ってはいたけど、
もっともっと、逐一向き合って、話せばよかった!
愛猫を亡くし、動物らの一生は
人間よりずっと短く、
一緒に暮らす人間が、彼らにとって、全てであり、
どれほど彼らに向き合える時間が幸せで貴重か、
思い知ったのもあります。

後悔というか、こんなに素晴らしいのに
気付かなかった、と、悔しいです(笑)。

こんなゆったりして穏やかで、
日々のなかの本質的に大事なこと、に気付かせてくれる、
貴重な時間、、ってことに。

五年も猫と暮らしてきたのに、
受講して初めて気付いたなあ。。と実感中です(⌒-⌒; )

亡くした猫らにも、今からでも遅くはない、
体という目に見えるものは脱いじゃったけど、
彼らはそばで聞いてくれている、と、直感し、
写真に、日々の出来事などをお知らせしてます(*^^*)
まだ、体には触れられない寂しさから涙も出ますが、穏やかな
気持ちをくれます。

はたからみたら怪しいかもですが(笑)、
言葉がなくても、目に見えなくても、
通じる想いを私は自分の感覚で、実感したので(o^^o)


まだまだ、動物と対話は、一般的に
ピンとこられないとおもいますが、
物質的なもの、目に見えることにだけ価値が認められるのではなく、
動物にも感情や意思がある、ということが
広く一般的にも感じられ、
目に見えなくても聞こえなくても、
聞こうとする、
対話する素晴らしさが感じられるようになれば、
動物が感情がないかのように、傷つけられる悲しい事件も減るのでは、と、
個人的な希望としても、
動物対話が広がってほしいなあと、おもいます。

この講座を通じて、沢山の動物と暮らされている方も
そうでない方も、
動物が癒し、教えてくれる、日々の幸せに気付かれれば、
どうぶつらも、きっと幸いです(*^^*)

のらさん
本文にもまして素敵な感想ありがとうございます。
この講座受講したおかげでペットロスが軽くなったのでしたら
何よりです!
ペットだって家族と思っておられる方には
共通言語で話すとか話せないとかじゃなく
家族としてどうかかわっていくかを
しっかり見極めてほしいなと思っています

(^人^)

たびたび失礼します(^人^)

講座をうけてから
猫と人間という向き合いかたから、家族としての向き合いかたに、
毎日少しずつ、確かに、変わりました。

毎日のあったことを、猫らに話すようになり習慣づいてきました。

亡くした子らにも問いかけるようにして
話してます(^人^)

話かけられるのがうれしそうなのは
人間も猫もおなじですね。

猫らはおとなしくきいてくれるかんじ、
写真のこたちは、ほほえんでるようにかんじます。

人間の家族にたいしても
感謝を言葉にできるようになってきました。

ふしぎと、暖かい言葉も言っていただけるようになってきました。

猫らに話すとき、一番つたえたいことはなにか?を、考えるようになったからかも。
一番につたえるなら、
その日の不平や不満じゃなく、
良かったこと。
それを一匹づつに話してたら、
不満や不平をいうまえに
喉が疲れていつしかすっきりします(笑)

言葉にしなくても猫らの気持ちはわかりますが
言葉にし態度にし表情にし、
つたえつづけます(^人^)

とっても沢山想いに触れてほしいです。

のらさんコメントありがとうございます!

講座で学んだこと実践していてくださってありがたいです

動物対話を学んで人とのコミュニケーションも
とりやすくなったという感想もいただいてるので
人とのコミュニケーションにもどんどん活用していってくださいね
プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック