ママ!たくさんありがとうね♪【#23 エンジェル 犬のRちゃんのセッション】

今回は#22のわんちゃんの
先住先代犬のエンジェルになってしまったRちゃんとの
お話しです

<性格・雰囲気>
ヒラヒラふあふあという修飾語をたくさんつけたくなるようなかわいいイメージ
人のうしろをついて歩いてるちょっと恥ずかしがり屋さん
誰か知らない人がくると、お母さんの後ろの隠れると言った感じ。
話だすまで時間がかかり・・・
初日はあまりにもお話しもイメージもしてくれないので
その日は断念して、日を改め2回目に挑みました
<飼い主さんの感想>
このままのイメージです。
内弁慶で人見知りなRちゃんでした。
Rちゃんと一緒に友達の家に遊びに行っても
私がトイレ行っただけでキャンキャン大騒ぎしてたほどです。笑
今もそうなんですね、変わってないな~。
なんか懐かしいです。



<初めて会ったときのこと>

わ「初めてあったときのこと覚えてる?」
口が重く・・・何も伝わってこない
わ「覚えてないのかな?
  お店みたいななのとこ?ほかの子もいた?」
返事なし。
わ「ふつうのおうちかな?」返事なし。、

はっきりしたイメージは伝わってこなかったんですが
私が感じたのは、どちらかというと「お店」かな?


わ「どうやって、ママのところにきたの?」
R「箱みたいなのに入って・・・車にのって・・・」
わ「それからずっとママのそばにいたの?」
R「うん、そう。一緒にいろんなとこ行ったよ。
  Rちゃん、Rちゃんってみんな大事にしてくれた」

<飼い主さんの感想>
Rちゃんは、当時の彼が「明日犬もらってくるから」と突然やって来たコです。
彼が車で迎えに行って、私は彼の家でRちゃんと対面しました。
小さくて、チョコチョコ歩いてる姿に一目ぼれ♪
Rちゃんに会いたくて毎日彼の家に通っていましたが
可愛すぎて、最終的に私が引き取ってしまいました。笑
私の家にはケージに入って、タクシーや電車や彼の車で移動していたので
記憶が混ざって曖昧なのかも。


<おばあちゃんのおうちにはどうやって行ってた?」
歩いたり、カートみたいなのに入ってというイメージを見せてくれました。
わ「毎日行ってたの?」
R「うん。毎日」と風を感じながら歩いてたイメージをみせてくれました。

わ「おばぁちゃんちでは何してたの?」
R「おばあちゃんとテレビみて、寝てた」

<飼い主さんの感想>
私が仕事の日はおばあちゃん(母)の家に預かってもらっていました。
朝のお散歩も兼ねて歩いて行くことが多かったけど
たまに「歩きたくない」とバッグに入って連れて行ったり
晩年体調を崩してからはバッグを肩に提げたまま自転車で走っていました。
正に風を切るイメージです。

おばあちゃんとはよくお昼寝もしていたみたいです。
あと、おやつもよくもらってたみたい。笑
でも、これはママには内緒にしてるのかも。


<幸せだった?今はどうしてるの?>
わ「こっちにいるときは幸せだった?」
R「うん!」
わ「何が一番しあわせだった?」
R「ママと寝るの」「おひさまの中の散歩」
  「みんなでごはん食べて」「抱っこされてお散歩」と
たくさんの楽しかったことを教えてくれました。

<飼い主さんの感想>
Rちゃん、楽しかったことたくさん覚えてくれてるんですね。
嬉しいです。
食べることが大好きで、ちょっとおデブさんだったので
抱っこしてのお散歩、ママはちょっと大変だったよ。笑


R「今は痛いとこはないよ」
わ「どんなところにいるの?」
広い草原でぴょんぴょん楽しそうに走り回ってるイメージ。
誰かといる感じではなく
のびのびニコニコ。とっても体が軽い
とってもさわやかで気持ちいい。という
イメージを伝えてくれました。

わ「そっか~いいところだね」
R「うん!だから心配すること何もないよ
  ママにはいっぱいいろんなことしてもらったけど
  もう大丈夫だからって」
わ「いろんなことって何?」
R「お薬とか病院とか・・・」
わ「病気だったんだ?!」
R「最後はちょっとしんどかったけど、もう大丈夫だから」
わ「そっか~それはよかったね」

<飼い主さんの感想>
今はのんびり幸せに過ごしてるんですね。
最後の数ヶ月はお薬とか病院とかRちゃんに嫌な思いをさせることが多くて
私も辛かったんですが、Rちゃんは本当によく頑張ってくれました。
Rちゃんの頑張る姿に反対に勇気付けられたんですよ。
それなのに「ママにはいっぱいいろんなことしてもらった」なんて
とても嬉しい言葉で、涙が出ました。
Rちゃん、ありがとう。



<Sちゃんのことどう思う?>
わ「Sちゃんのこと知ってる?」
ラ「(おうちにいるのは)知ってるよ」
わ「ママがね。Sちゃんがおうちに来たことをどう思ってるのかな?って聞いてる
よ」
ラ「いいんじゃない?ママがさびしいだろうし・・私いなくなっっちゃって・・」
わ「そうだね。」
  Sちゃんとお話ししたことある?」
ラ「(必要)ないよ
  私はわたし。SちゃんはSちゃん」別だから・・・


心配して絶えず見に来てるというより、通りすがりにちらっと
見ていく感じがして
Sちゃんがいることには大して興味はない様子が
感じられました。
Sちゃんのことにはあまり興味がないんですね。
「私は私。SちゃんはSちゃん。」かぁ。。。ドライだなぁ。笑
でも、反対している様子はなくてよかったです。


R「でもSちゃんにもう少ししっかりしな!って言っておいて。
  私は私でやってるから、Sちゃんママを頼むよって」

わ「Sちゃん、結構しっかりしてると思うよ
  それにそれはRちゃんが自分でいいなよ。」
ラ「Sちゃんに誰?って言われそうだもん」
わ「じゃ~説明すればいいじゃん。先輩だよって」
R「気が向いたらいうわ」
わ「うん。そうして」


<飼い主さんの感想>
私も、先輩としてRちゃんからSちゃんに色々お話してあげてほしいです。
SちゃんにはよくRちゃんのこと話してるから、すぐ分かると思うんだけど。
「気が向いたらいうわ」って、笑ってしまいました。

いつもRちゃんに「Sちゃんのこと見守って下さい」ってお願いしてしまいます。
おかげで去勢手術も無事終わったし、Sちゃん元気に育っています。
Rちゃんがいてくれるから、なんか安心してしまうんですよね。
  


わ「ママがずっとRちゃんのこと好きだよって伝えておいてって」
ラ「Rも!」
  ママが泣いてばかりのころはRも辛かったけど、今はママが元気でうれしい」
わ「そっか、ママが元気なのが一番だんもんね」
ラ「うん。」
その意味でも、Sちゃんが来てよかったなぁ~と感じました。

<飼い主さんの感想>
Rちゃんとお別れして数ヶ月は哀しくてホント毎日泣いていました。
その姿も見ていたのですね。
辛い思いをさせてしまったね。
でも、もう大丈夫だからね



Rちゃんは今は苦しかった肉体を脱ぎ捨てて
明るい場所で
ほんと軽々しくなって楽しそうに過ごしてる様子でした。
最初はなかなか、お話ししてくれなくて
どうしようかと思いましたが、
だんだんSちゃんのことも色々お話ししてくれて
安心しました。

<飼い主さんの感想>
今は苦しみもなく、楽しく過ごせてるのが分かって、安心しました。
Rちゃんは今も私の大切な家族で、
Rちゃんを愛する気持ちはいつまでも変わらないと思います。
久しぶりにRちゃんの声が聞けて、近くに感じられて幸せです。

これを機会に、RちゃんがSちゃんにお話しに来てくれると嬉しいなぁと思います。
2匹がおしゃべりしてる様子を想像するとにやけてしまいます。笑

ちかさん、Rちゃん、Sちゃんとお話してくれてありがとうございました。
「RちゃんとSちゃんの言葉だ」と実感できました。
アニマルコミュニケーター、素敵なお仕事ですね。


<後記>
このモニターをはじめて
最初のエンジェルちゃんとのセッションでした。
最初はなかなかお話ししてくれなかったのが
段々色々なお話しをして
今はとっても快適にいるようで、私も心地よくなりました。
しんどかった肉体がなくなってすっきりしてる様子が
よくわかりました。
あとから来たワンちゃんやお母さんのこと気にかけてる様子も
とてもいとおしい感じがしました。
いい勉強させていただきました。ありがとうございます



人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック