急病での長期お休みの顛末記

京都を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士(R)のこみやちかです!

朝夕はすっかり過ごしやすくなりましたね。
年中これくらいの気温ならいいなぁ~と思う毎日。

「ペットはわが子」の人のためのお茶会どんどんお申込みいただいております。
日程があえば是非お申込みください!
どんな話が飛び出すかは当日の流れ次第のなんでもありのお茶会です。
ご希望があれば毎日facebookでご紹介してるピースの手作り食のお話しなんかもしちゃうかも?
水面下で進んでる内緒の話も聞けるかも?!

詳細はこちらから「ペットはわが子」の人のためのお茶会



さて8月は急病で3週間もお休みさせていただいたのですが
ほんとに急に襲ってきた病「腸閉塞」でした。

はじめ突然きりきり胃痙攣のような痛み。
でもいつもと違う!と感じ、夜も9時前だったので近所の救急病院へ。
いつもとは違うけど胃痙攣だと思い込んでいた私は痛いお腹をくの字しつつ
自分で自転車で行ったのです。思い込みってすごいね~

色々検査されその晩に腸閉塞と診断はついたものの絶飲食で点滴で治ると言われ
とりあえず一泊。でも痛みはどんどん増すばかり・・吐くし
6時間おきしか打てない痛みどめ筋肉注射も6時間待てない・・・
で、あらためて昨日の検査結果を見ると閉塞は閉塞だけど
腸がねじれてしまって近所の病院では処置できないと救急車でERのある病院へ
緊急搬送。そのまま深夜の全身麻酔での緊急手術となったわけで・・・
そんな・・・それなら昨日の時点でわかってたやろ・・・・
前の晩その場で適切な処置してくれてたら一晩のた打ち回らずともよかったのに・・
いまだに筋肉注射のあとが痛いです。

この腸閉塞の痛みと言ったら
私が50年以上生きてきて初めて経験するワーストワンの痛み。
陣痛よりもすごい!どんな体勢でも痛いからもうのたうちまわるっていう
表現しかない痛み。。。

そんな痛みを丸一日ほっとかれたんですよ・・・


幸いにもERの病院でお腹あけたときにも腸は壊死していなくて
ねじれを治しただけの処置で済んだのですが
これが壊死してたら壊死した部分を切ってまたつないでと
大手術になりまだ入院してたかも?!と思うとぞっとします。

もうあの救急病院に近所であっても絶対行かない!

内臓を切ったりしてないのでとりあえずお腹の傷の治りと
やはり全身麻酔してたので体力の回復だけだったので
重いものはまだ持てないけどもうふつうの生活できてることに感謝です。

私の腸閉塞はまったくの原因不明。。。ということは誰にでもありうる急病。
とにかくお腹が痛くていつもと違うと思ったら
信頼のおける病院へ行ってくださいね。

そのほかにも今回経験したことで
ペットと生活しておられる方にはぜひ覚えておいてほしいことなど
色々学んだこともありますのでそれはまた次回に!

アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック