【保護された猫さんの言い分】#16 猫のSちゃんのセッションレポ

今回は色々な経緯のもと飼い主さんのところへやってきた猫ちゃん1歳半の女の子です


<性格・雰囲気>
とても警戒心が強く、怖がりな感じで、
話かけてもなかなか心ひらいてくれず
本題に入るまで少しの時間がかかりました。

そして始終誰かに
「Sちゃん~Sちゃん~」と名前を呼ばれてる感じがし、
いつも何かをぼぉ~っと考えてる風です。
私もお話ししてる最中も「Sちゃん。Sちゃん」と
名前をよんでこちらに
集中してもらう感じで話していました。

そして唐突ですが、「その時その時」を大事に生きているイメージが伝わってきました

年齢よりもずっと大人びてる感じがしました。
<飼い主さんの感想>
人間には、とっても怖がりなんですよ~。
「いつもぼぉ~っと何かを考えてる」感じです。(笑)
「その時を大事に生きている感じ」については、
家に来る前に死にかけていた所を友人が見つけた事と、
家へ来てからも一度家出をした事があるので、それでなのかなぁと思います。

ここから先の質問の答えを見る限り、
「産まれた直後の家族?(居るのか分かりません)と今」の記憶が、
ごちゃ混ぜになっているから、曖昧なのかな?と感じました



<お母さんと出会ったときのこと覚えてる?>
お店とかではないイメージしか伝わってこなくて
だいぶ答えを待っていたんですが。。
言葉でもでてこなくて
私「Sちゃん。忘れた?思い出したくない?」って
聞いたら
S「覚えてない・・・」
いくら集中しても、何も明確なイメージが伝わってこず・・・
ここまでなにも伝わってこないのはあまり経験のないことで
ほんとに忘れたのか。。それもかなり聞いてみたのですが
「忘れた」しか言ってくれませんでした。
『雨』『川の流れる音』『自転車』という断片的な単語でしか
イメージが伝わってきません。


<飼い主さんの感想>
覚えてない、忘れたのは本当だと思います。
私が友人の家へ見に行った時はまだ小さく、
とても警戒していてゲージから中々出て来ない子でした。
それから、友人と幸が出逢った時は、
雨は降っていなかったけど「自転車」をおしていて、
近くに大きな川はないけど坂道の下に「小さな川はあるし水が流れてる音は聞こえる」
ショック状態だったと言っています。



<家族は?>
私「Sちゃん。おうちにいる人たちのこと教えてくれる?」
言葉ではなくイメージで伝わってきたのですが
お母さん、お姉ちゃん、おばぁちゃん、お父さんorおじいちゃん(男の人のイメージ)
そしてもうひとり・・・テレビの前に座ってる人って。。。
小さくちょろちょろしてる同居さん(猫ちゃんワンちゃん?)も映像で見えました。
大人ばかりのイメージのご家族でした。

<飼い主さんの感想>
大家族に見えたのは、最近私の母や姉や義理兄が泊まりに来たからなのか、
保護した友人宅は大家族じゃないので、
もしかして「産まれたばかりの時の家族?」と思いました。



<お母さんとの約束覚えてる?家族はみな約束守ってる?>
私「お母さんとした約束って覚えてる?」
S「お外に勝手に行かない。○○(明確な言葉わからず)には上らない」って
教えてくれました。
私「ごめん、○○ってわからないんだけど、どこ?」
キッチンの冷蔵庫の上?食器棚の上?イメージを見せてくれました

私「お外に行かないってのは守れてるの?」
S「うん、でも上らないってのはあんまり守れてないかも?」

お母さんとSちゃんとの約束と家族との約束が
同じものかわからなかったのでSちゃんに聞いてみたところ
幸ちゃんは「ちがうよ~」っていうんで
私「じゃ、家族の約束ってなに?」
S「Sちゃんに挨拶(おはよう。おやすみ。行ってきますなど)すること」って
Sちゃんは言うんです。
私「みんなはそれ守ってるの?」
S「だいたいね」
そして、みんながSちゃんとぎゅーっと握手する様子をみせてくれました。

<飼い主さんの感想>
「外に行かない」は分かるのですが、「上らない」は何のことだろぅ?
「挨拶」は言われてみて、何となくそんな感じ・・・?です。(笑)


<家出したときどんな気持ちで生きてた?」
私「Sちゃん、家出したの?」
S「家出じゃない!迷子」と即答
「何か追っかけていたら、気が付いたらわからなくなって
あれ?!とおもいつつも、まぁいいかとふらふらしてた。
あとは寒くてぶるぶる震えて心細くて心配で、でもなんとなく大丈夫だって
思ってた」って教えてくれました。

この時に見せてくれた映像が、大きな川と草むらの堤防とその周りには
たくさんの家。私も以前見たことのあるような風景が広がっていました。

私「ごはんはどうしてたの?」
S「食べてなかった」
と、いいつつもその時のイメージではそんな空腹感を感じてはいなかったので
私「なんで、お腹すいてなかったの??」
S「わかんな~い」と言ってましたが、
どこかで何かもらってたのかもという感覚もありました。

で、「Sちゃん~Sちゃん~!」って呼ぶ声が聞こえた
お母さんに「こんなところで何してるの?!」って怒られて
抱っこされて、しがみついた
「おうちに帰れるんだ」って思ったって教えてくれました。

<飼い主さんの感想>
迷子・・・なるほど。
「わかんな~い」って、言いそうです。
「堤防・川・寒さ」などは、家の近くの事なのか、
友人が保護した時の記憶が重なってるのかもしれません。
友人いわく、
「11月15日、凄く寒い日で、寒さとショック状態でガクガク震えてた。
"草村とか堤防"っていうのはうちのすぐ近くにある中学校の敷地じゃないかな?
先生に"高い所から落ちてどこか打ったのかも"って言われた時、
私はその中学校の敷地の草村と、高さがあるからそこから落ちたのかなって。
砂と石がお腹にいっぱい入ってた。」
だそうです。
家へ来てからの時は、病院に写真を貼らせてもらってて、
近所の猫おばさんから「最近ご飯を食べに来る子に似てる」と連絡があり、
数日かけて保護に至りました。
保護出来た日は、目の前で「雀?狩り」を見ました。(汗)



私の未熟さも相まって、お話しするのにかなり苦労しました。
言葉数も多くなく、なんとなく正面から向き合ってくれなくて
目をそらす感じでお話ししてくれる感じ。
それは初対面の私への警戒心からなのか?!
性格なのか?!がつかみきれませんでした。

でも今のSちゃんは特別な問題を抱えてるわけではなく
平穏に生活を楽しんでいるようで
小さい子を見守るように、ご家族に見守られて大きくなってるような
感じが伝わってきました。

<後記>
お話してて、不思議ちゃんな雰囲気の猫ちゃんでした。
状況を正確につかみきれないのは、Sちゃんの記憶が今のか過去なのか
私がきちんと把握できなかったからだと思います。
そういうこともきちんと理解できるようにならなきゃいけないと
思いました。いい勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。




人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック