素敵な最後

最近この死に様について考えさせられる機会が続きました。

ひとつはお友達のお母様
1か月ほどの間で仲の良かった友達、娘や孫たちのところを泊り歩いて
昔の話やこれからの話をいっぱいし
急に病に倒れそのままたった1週間で逝ってしまわれた。
当初は急なことで大変だったみたいだけど
一段落したら友達も「誰にもいろんな迷惑かけたくないあの人らしい最後やったよ」と。

もうひとつはアニマルコミュニケターの先生の愛犬
こちらもちゃんと時期を見極めて
親孝行な最後だったとか・・・
逝ってしまったあとのエピソードも悲しいことのはずなのに
なんだか親子の関係性を象徴するようで
くすっと笑える。
肉体がなくなるのは悲しいことなんだけど
肉体はただのお洋服。
その中にあるものはきちんとまだそこに存在してるんだよ~って
実感できる話の数々。

ほとんどの場合
ペットちゃんたちを見送らないといけない立場の私たち
親族にしろペットちゃんにしろ
立派な生き様&死に様だったよな~と
送ってあげられるようこちらも心して向き合わないと。
もちろんその人自身の心の持ちようも(人生観・死生観)
ペットちゃんの場合は飼い主さんとの関係性も大いに関係してくるんだろうけど
「素敵な最後だったね」と言えるよう
自分自身もその時を立派に迎えたいと思うのですわ

アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chika60

名前;ちか
生息地;京都


★動物対話士(R)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック