#60 スカイプセッション 猫のMちゃん

今回は成猫になってから譲りうけた飼い主さんからの
ご依頼でスカイプでお話しさせていただきました。

<飼い主さんの感想>
ちかさん、このたびはスカイプセッションを
受けさせていただいてありがとうございました。

まさか○○があれほどまでに周囲の状況を見ていたとは
感心したりビックリしたりでした。

成猫からの新しい環境ということに不安を抱えていたのですが
不安を抱えていたのは私だけではなかったんですね。

あなたの意見を尊重したいからどうしたいか教えてと
ちかさんに聞いてもらった時の○○の感情は
なんとなくですが私にも届いた気がしました。
あ~ちかさんはこんな感じなのかなと思ったら嬉しかったです。

短い付き合いの私のことを頼りにしてくれていたことも嬉しかったです。
ここが○○が一生を過ごすおうちなんだよ
もう安心していいよって伝え続けていこうと思います。

思っていたよりもずっと頭が良くて思いやりのある子だと分かりました。
なんと素敵な子に出会ったんだろうと感謝の気持ちで一杯です。
○○に私たちの言葉がちゃんと届いていることが分かりましたので
これからはもっと○○とたくさんお話ししようと思いました。

もっとたくさん感想を書きたかったのですが
胸が一杯で上手にまとめることができず申し訳ございません。
私の不安を解消してくれてありがとうございます。
これからも頼りにさせてください。
本当にありがとうございました。


<後記>
びっくりするほど周りの状況を観察かつ
空気の読める猫ちゃんでした。
自分が発する言葉で周りに迷惑かけないか・・
そんなことばかり考えてる様子で
なかなか言葉がでてきません。

いいたいのに言えないそんなペットちゃんの
気持ちの奥にあるものを感じとり
飼い主さんにお伝えして
ペットちゃんの気持ちの後押ししてあげるのも
アニマルコミュニケーターの役目の
一つではないかと思うセッションでした。

今回は貴重な経験・お時間本当にありがとうございました


無料対面モニター募集中!





人気ブログランキングへ




【保護された猫さんの言い分】#16 猫のSちゃんのセッションレポ

今回は色々な経緯のもと飼い主さんのところへやってきた猫ちゃん1歳半の女の子です


<性格・雰囲気>
とても警戒心が強く、怖がりな感じで、
話かけてもなかなか心ひらいてくれず
本題に入るまで少しの時間がかかりました。

そして始終誰かに
「Sちゃん~Sちゃん~」と名前を呼ばれてる感じがし、
いつも何かをぼぉ~っと考えてる風です。
私もお話ししてる最中も「Sちゃん。Sちゃん」と
名前をよんでこちらに
集中してもらう感じで話していました。

そして唐突ですが、「その時その時」を大事に生きているイメージが伝わってきました

年齢よりもずっと大人びてる感じがしました。
<飼い主さんの感想>
人間には、とっても怖がりなんですよ~。
「いつもぼぉ~っと何かを考えてる」感じです。(笑)
「その時を大事に生きている感じ」については、
家に来る前に死にかけていた所を友人が見つけた事と、
家へ来てからも一度家出をした事があるので、それでなのかなぁと思います。

ここから先の質問の答えを見る限り、
「産まれた直後の家族?(居るのか分かりません)と今」の記憶が、
ごちゃ混ぜになっているから、曖昧なのかな?と感じました



<お母さんと出会ったときのこと覚えてる?>
お店とかではないイメージしか伝わってこなくて
だいぶ答えを待っていたんですが。。
言葉でもでてこなくて
私「Sちゃん。忘れた?思い出したくない?」って
聞いたら
S「覚えてない・・・」
いくら集中しても、何も明確なイメージが伝わってこず・・・
ここまでなにも伝わってこないのはあまり経験のないことで
ほんとに忘れたのか。。それもかなり聞いてみたのですが
「忘れた」しか言ってくれませんでした。
『雨』『川の流れる音』『自転車』という断片的な単語でしか
イメージが伝わってきません。


<飼い主さんの感想>
覚えてない、忘れたのは本当だと思います。
私が友人の家へ見に行った時はまだ小さく、
とても警戒していてゲージから中々出て来ない子でした。
それから、友人と幸が出逢った時は、
雨は降っていなかったけど「自転車」をおしていて、
近くに大きな川はないけど坂道の下に「小さな川はあるし水が流れてる音は聞こえる」
ショック状態だったと言っています。



<家族は?>
私「Sちゃん。おうちにいる人たちのこと教えてくれる?」
言葉ではなくイメージで伝わってきたのですが
お母さん、お姉ちゃん、おばぁちゃん、お父さんorおじいちゃん(男の人のイメージ)
そしてもうひとり・・・テレビの前に座ってる人って。。。
小さくちょろちょろしてる同居さん(猫ちゃんワンちゃん?)も映像で見えました。
大人ばかりのイメージのご家族でした。

<飼い主さんの感想>
大家族に見えたのは、最近私の母や姉や義理兄が泊まりに来たからなのか、
保護した友人宅は大家族じゃないので、
もしかして「産まれたばかりの時の家族?」と思いました。



<お母さんとの約束覚えてる?家族はみな約束守ってる?>
私「お母さんとした約束って覚えてる?」
S「お外に勝手に行かない。○○(明確な言葉わからず)には上らない」って
教えてくれました。
私「ごめん、○○ってわからないんだけど、どこ?」
キッチンの冷蔵庫の上?食器棚の上?イメージを見せてくれました

私「お外に行かないってのは守れてるの?」
S「うん、でも上らないってのはあんまり守れてないかも?」

お母さんとSちゃんとの約束と家族との約束が
同じものかわからなかったのでSちゃんに聞いてみたところ
幸ちゃんは「ちがうよ~」っていうんで
私「じゃ、家族の約束ってなに?」
S「Sちゃんに挨拶(おはよう。おやすみ。行ってきますなど)すること」って
Sちゃんは言うんです。
私「みんなはそれ守ってるの?」
S「だいたいね」
そして、みんながSちゃんとぎゅーっと握手する様子をみせてくれました。

<飼い主さんの感想>
「外に行かない」は分かるのですが、「上らない」は何のことだろぅ?
「挨拶」は言われてみて、何となくそんな感じ・・・?です。(笑)


<家出したときどんな気持ちで生きてた?」
私「Sちゃん、家出したの?」
S「家出じゃない!迷子」と即答
「何か追っかけていたら、気が付いたらわからなくなって
あれ?!とおもいつつも、まぁいいかとふらふらしてた。
あとは寒くてぶるぶる震えて心細くて心配で、でもなんとなく大丈夫だって
思ってた」って教えてくれました。

この時に見せてくれた映像が、大きな川と草むらの堤防とその周りには
たくさんの家。私も以前見たことのあるような風景が広がっていました。

私「ごはんはどうしてたの?」
S「食べてなかった」
と、いいつつもその時のイメージではそんな空腹感を感じてはいなかったので
私「なんで、お腹すいてなかったの??」
S「わかんな~い」と言ってましたが、
どこかで何かもらってたのかもという感覚もありました。

で、「Sちゃん~Sちゃん~!」って呼ぶ声が聞こえた
お母さんに「こんなところで何してるの?!」って怒られて
抱っこされて、しがみついた
「おうちに帰れるんだ」って思ったって教えてくれました。

<飼い主さんの感想>
迷子・・・なるほど。
「わかんな~い」って、言いそうです。
「堤防・川・寒さ」などは、家の近くの事なのか、
友人が保護した時の記憶が重なってるのかもしれません。
友人いわく、
「11月15日、凄く寒い日で、寒さとショック状態でガクガク震えてた。
"草村とか堤防"っていうのはうちのすぐ近くにある中学校の敷地じゃないかな?
先生に"高い所から落ちてどこか打ったのかも"って言われた時、
私はその中学校の敷地の草村と、高さがあるからそこから落ちたのかなって。
砂と石がお腹にいっぱい入ってた。」
だそうです。
家へ来てからの時は、病院に写真を貼らせてもらってて、
近所の猫おばさんから「最近ご飯を食べに来る子に似てる」と連絡があり、
数日かけて保護に至りました。
保護出来た日は、目の前で「雀?狩り」を見ました。(汗)



私の未熟さも相まって、お話しするのにかなり苦労しました。
言葉数も多くなく、なんとなく正面から向き合ってくれなくて
目をそらす感じでお話ししてくれる感じ。
それは初対面の私への警戒心からなのか?!
性格なのか?!がつかみきれませんでした。

でも今のSちゃんは特別な問題を抱えてるわけではなく
平穏に生活を楽しんでいるようで
小さい子を見守るように、ご家族に見守られて大きくなってるような
感じが伝わってきました。

<後記>
お話してて、不思議ちゃんな雰囲気の猫ちゃんでした。
状況を正確につかみきれないのは、Sちゃんの記憶が今のか過去なのか
私がきちんと把握できなかったからだと思います。
そういうこともきちんと理解できるようにならなきゃいけないと
思いました。いい勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。




人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

保護がトラウマになっていない幸せものワンコさん【#14 犬のCくんのセッションレポ】

今回は縁あって保護されたという犬のCくんのセッションレポです。
早くに感想をいただきながら、なかなかこちらまで
手が回らず、記事のアップが遅れてしまい申し訳ありません。


<性格・雰囲気>
はじめましてのご挨拶したときはちょっと警戒心をもって
「何?」って感じだったんですが・・・
いつもぴょんぴょんと動いてるイメージで
とてもかわいくまだ幼さが抜けない感じが伝わってきました。
何事にあっさりさっぱり。ちょっと落ち着きがないかな~という感じです。


不安な気持ちや暗いイメージも全然感じられないし
保護されたトラウマみたいなのも伝わってきませんでした。
迷子になってすぐ保護されたのか(長い間、不安抱え放浪してなかった様子)
まだパピーちゃんだったから、状況がよく把握できてなかったのか・・・は
今の状況では伝わってこないのですが
とても明るい感じです

先住猫、先住犬さんがいらっしゃるとのことですが
そのこたちに遠慮してる感じは伝わってきません。
○○さまの情報がなければ、
一人っ子ちゃんと思ってセッションしていたと思います




<飼い主さんの感想>
Cは、初めてのもの 例えば、宅急便で届いた荷物にも とても警戒して、
逃げたり 避けたり そっちの方には行かないようにしたりすることが
あるので、Cらしい って思っちゃいました。
ほんとに、落ち着きがありません。チョコチョコしてますよ。Cって名前じゃなかったら
もっと落ち着いた子になっていたかも・・・って思ったぐらいです。

うちに来る前のこと、覚えてて、できたら戻りたいなぁ なんて思ってたら・・・
って思ってたけど、覚えてないなら良かったです!
Cがうちに来て、猫や犬に遠慮してる様子は、実は最初から感じた
ことはありません。
むしろ、猫を追いかけて(遊ぼ~って感じ)、嫌ニャーあっち行けニャーって
感じで逃げられてます。


<なんて呼ばれてるの?>
私「Cくんは、Cくんのほかになんて呼ばれてるかおしえてくれる?」
イメージで伝わってきたのは「Cた」「C吉」って名前
名前を短くするのではなく、何か付け足す感じが伝わってきました。
○○さまかご主人かどちらがどちらかまではちょっと伝わってきませんでした。
私「Cくん迷子になったの?」
C「わかんない~ふらふらしてたらわかんなくなって・・」
前に呼ばれてた名前も聞いてみたんですが、イメージも伝わってこず(カタカナとか・・)
もう忘れてしまってるのかも?


<飼い主さんの感想>
私は、『Cーたん』って呼ぶから、『Cた』が近いのかもしれませんね。
主人は、『C○○○ー』と呼びます。
Cは、うちに来る前の名前があっただろうし(忘れてるみたいですけど)、
うちに来て新しく名前をつけたから、私たちの呼び方を自分のことだっ て
認識してるのかなって心配してたんですが、
なんとなくわかってるようで少し安心しました。



<台所で何かもらうもの>
私「料理してるときに何かもらうものあるの?」
C「切ってるものをホイってくれる」
見せてくれたイメージはキャベツなどお野菜の切れ端
伏せしてまってるイメージを見せてくれたので
私「えらいね~」と褒めたら
C「おとなしくしてないとダメなんだよ~」って
私「ほかにはなにかもらえるの?」
ほかに何か食べてるイメージは伝わった来ませんでした

<飼い主さんの感想>
すごいです!私が料理中にあげるのはキャベツです!
でも、おとなしい とか 伏せしてる のは、あんまりわかりません。
私の足を、カリカリってしてくるし・・・
自分では、普通よりおとなしくしてるつもりなのかな って思ったら、
可愛くて笑っちゃいました。



<おしっこシーツでおしっこできないのは?>
私「おしっこするところはわかるよね?」
C「なんとなく・・・・」
私「ゲージにいるときはちゃんとできるのよね?」
C「そこにあるから」
私「ゲージの外にでたら遠いの?」って聞いたら
言葉ではなく、あわてててる様子が伝わってきたので
もしかして、遊んでて間に合わないとか・・・・
私「トイレシーツがあちこちにあったほうがいい?よけいにわかんなくなっちゃわない?」
C「あちこちにあったほうがいいいかも?」と答えてくれました
私「トイレがきちんとできたら一緒に寝られるってよ」
C「そう?!」とちょっとよくわからない感じ
ひとりで寝るものそうさびしくない様子で・・・ひとりで寝ることに慣れてるのかな?
お布団で一緒に寝ることにさほど固執していない感じが伝わってきました。

あと、小さいころは庭でおしっこしてたようなイメージも見せてくれました。

ぽろっと言ったのが
「○ちゃんがあわてるのも面白いよ」って
私「怒られないの?」
C「うん!あんまり怒られない」



<飼い主さんの感想>
トイレシーツは、実は、ゲージ以外の場所にも一つおいてありますが、
もう一度、『ここでもしていいよ』ってお話してみますね。
シーツだ ってわかってないのかもしれないので。

お外でトイレするのも好きです。
でも、平日は何度も外に連れて行けないので、小さいCは
うちにいる他の大きな犬のように長くトイレを我慢できないと思って
おうちでしてくれるよう 仕向けている最中なんです。
外で出来るなら、家ではギリギリまで我慢して外でするような子だと思ってます。
最近は、ちゃんとシーツでできたら、ご褒美として、お外に少しでも行くようにしてます。

そして、一緒に寝たいのは、私の願望なんです。
Cは、初めの日から一人で寝てるし、夜も眠くなったら自分の
寝る場所に行って寝てしまうので、私が寂しいんですね~・・・
ここの、慌てる っていうのは、Cがトイレ失敗した時のことですか?
ちゃんと怒ってるのに、あんまり怒られないなんて・・・Cったら・・・

私は、出掛ける前とかに、ガスの元栓とか電気コンセントとか気になって
バタバタしてるのを 慌てる って思ってるかもなって思ってたんだけど・・・


<○ちゃんのことどう思う?>
お父さん、お母さんと呼んでるイメージがなく
呼び方のお名前書いてくださってたので
そう聞いてみました

私「○ちゃんのことどう思ってる?」
C「ごはんくれる人。友達。遊んでくれる人」
私「△ちゃんは?」
C「えらいひと。ボス」
私「そっか~」

C「○ちゃんは、ぼくからよって行かなくてくっついてくるからいいんだよ」って
教えてくれたので、○○さまがちょっとクールに接したら、
Cくんのほうから追いかけてくれるかも?
C「でも、○ちゃんいないとさびしいんだよね」

メールにも書いてあったように
ご主人は、Cくんの中でボス的な存在
○○さまは同列の友達感覚

○○さまご本人の雰囲気が、とてもふあふあ優しさが伝わってきて
あまり怒られないものすごくやさしく接してもらってる様子から
Cくんが甘えてるのではないでしょうか?
決して、嫌ってるとかそういうイメージは全然伝わってきませんでした。


私「最後に何かつたえておきたいことある?」
C「あそぼ~あそぼ~。いっぱいあそぼ~」って
遊びたい盛りなんですね!

Cくんのおかげでおうちの中がより一層明るく
笑顔が増えてるような感じた伝わってきました
まさに天使のようなCくんですね

ご主人が保護されたということですが
○○の家にとても馴染んでいて
来るべくしてやってきたという印象を受けました






<飼い主さんの感想>
私のこと、 知っててくれたのが嬉しかったです。
うちには あんまり人がいないので 名前知らないかもなぁ って思ってたんです。
しかも、私がCにくっつくなんて・・・
よくわかってるんですね。すごくくっつきます 私。
クールになんてできるかなぁ・・・。
よく歯をあてられるけど、嫌じゃないのなら よかったです。痛いけど。

最後の伝言、やっぱり あそぼ~ なんですね
明るい感じが伝わってきてよかったです。
たくさん遊ぼうと思います。
私はCがうちに来てくれてとても楽しくなったし、
来てくれてありがとうってちゃんと言いますね!

ちかさん、本当にありがとうございました。
Cがどのように受け取っているかとか 知れて嬉しいです。

本当に、ありがとうございました!



<後記>
保護されてきた子はなんとなく違う雰囲気を持ってるような
感じなのですが、このCくんはそんな雰囲気を持っておらず
このおうちに最初から来るべき運命だったような印象を持ちました
これからも飼い主様と、同居さんたちと
楽しい毎日が過ごせることお祈りしています。
ありがとうございました。





人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

拾得物扱いから家族ができたワンコさん【#13 犬のKちゃんのセッションレポ】

今回は縁あって、飼い主さんのおうちにやってきた
犬のKちゃん。とってもかわいらしい中に
いろんなことを秘めてるような女の子です。

<性格・雰囲気>
推定9歳ということですが、もう少し幼い感じがしました。
実年齢はそれくらいかもしれませんが、精神年齢がもう少し引低いような感じを受けました。
もともとはもっと天真爛漫で明るく元気だったようですが
今は言葉数も少なく、ポンポンと言葉が返ってくるかんじでなくちょっと苦労しました。
わが道を行くタイプのような感じも受けました。
○○さまも気が付いておられると思いますが、
送っていただいたお写真の表情が全く違うということ
椅子の下から、ひょここり顔だしてるのが本来のKちゃんのイメージに近いと思います


<飼い主さんの感想>
   性格についてはいまだに私もよく分かりません。日によって、とても神経質になる
  ときもあり、我が家に来てから天真爛漫とまではいっていないような気がします。
  ただ、ガンコなところもあるので「わが道を行く」というのは合っているかもしれませんね。
  精神年齢がもう少し低い感じ、ということですが、甘えん坊ということでしょうか。
  どちらかというと、こちらの言っていることをすごくよく理解してくれる大人だと思ってました。


<朝、着替えた後に何する?>
私「お母さんが朝、着替えたあと何するか知ってる?」
K「朝???」(朝がわからない感じ・・・)
私「みんなが起きてきたとき・・」
K「よくわからない」詳しく観察してないのかな?
私「その時の様子イメージしてみて」
Kちゃんはベッドで寝てて、お母さんは後ろ向きで何かしてるようす
そのあとリード持って近づいてくるイメージを見せてくれました。
私「あ!お散歩行くのね!」


<飼い主さんの感想>
  私が着替え終わると、待ってましたとばかりに外に出ます。ただ、リードをつけてのお散歩
  ではなく、ノーリードで家の庭周辺をぐるぐると歩き回るだけですが。
  私が着替えるとき、ベッドで寝ていることは全然なくて、いつも私が着替え終わるのをじっと
  見つめて待っています。Kがベッドで寝ていて私が後ろ向きで何かしている、というのは
  鏡台に向かって髪を整えたりしていることでしょうか。普段ほとんどハウスやベッドにはいなくて
  私が出かける支度をしているときなどは、ハウスに入っていますから。



<夜ご飯食べたあと何する?>
また「夜?」って聞かれたので
私「暗くなって、みんな帰ってきてからのごはん」と説明してみました。
言葉ではなく、顔拭いて体をきれいにするイメージを見せてくれました。
それより、「みんなの声がいっぽいして、みんなと一緒にごはん食べる楽しい時間よ!」って
教えてくれました。

<飼い主さんの感想>
  そのとおり!夜ご飯のあとは、毎日顔や体のお手入れをしています。
  夜ご飯がKにとっての楽しい時間っていうのはすごく分かる気がします。夜ご飯のときは
  本当にいつも「待ちきれない!」っていう感じで、食事の支度をしていると「まだか、まだか」と
  落ち着かない様子でうろうろしていますから。


<生活はどう?家族はどう?おじいちゃんになぜ吠えるの?>
K「みんなかわいがってくれてうれしい。お母さん好き。みんな揃ったらにぎやかでうれしい」
小さいお子さんはいないのか、あまり構わないのかイメージが薄かったです。
どちらかというと、大人ばかりのイメージ


<飼い主さんの感想>
  我が家は父・母・私の3人なので、確かに大人ばかりですね。小さい子はいないです。
  「お母さん好き」といってくれるのは嬉しいですね。ただKには一度も私のことを「お母さん」
  といったことはないのですが。
  私以外の、母のことや時々泊まりにくる甥っ子のことはどう思っているのでしょうか?



私「おじいちゃんになぜ、吠えるの?」
K「いじめられた(何かされた)人に似てるから・・・嫌いじゃないけど怖い・・・」
私「大丈夫だよ。おじいちゃんはその人とは違う人だし、Kちゃんのこと好きだよ」
と言いましたが、言ったあとに
お父様はちょっと犬が苦手なイメージが伝わってきました。
双方にそれがマイナスなイメージとしてあるような感じです。

お父様を怖くない人だということを認識させるために
おやつをあげたり、ごはんのをあげるなどしながら
言葉でもっともっと「好きだよ」~というなどして
だんだん仲良しになるように努力されてはいかがでしょうか?


<飼い主さんの感想>
  思わず爆笑してしまいました。その通り、父は犬だけでなく多分動物が苦手だと思います。
  強がって私たちには言いませんが、苦手というか、怖いのだと思います。
  お互いに「こわごわと…」という雰囲気がバリバリです。 
  ただ、いつも吠えるわけではなく、「ジャージを着ているとき」と「夜、お風呂に入ろうと席を立つとき」
  に激しく吠えてあとを追いかけていくんです。以前はそれで何度か噛み付いていました。
  「夜お風呂に入ろうと席を立つとき」に吠えるのは、「みんなと一緒にご飯食べる楽しい時間」をもっと
  続けたいから席を立つな、ということなのでしょうか。


<好きなこと?やりたいこと?してほしいこと?>
答えがなかなか帰ってこないので、具体的に聞いてみました
私「お散歩は好き?」
K「まぁまぁ。いろんな匂いかぐのが楽しい。みどりの草が好き」

<飼い主さんの感想>
  お散歩は、「お散歩行くよ」というと喜ぶくせに、外に出ると歩きたがらないですから、
  「まぁまぁ」というのは分かる気がしますね。
  いろんな匂いかぐのは本当にダイスキです。前に進めないくらい、匂いかぎ
  まくってますし、草に顔をつっこんでは種やらなにやらをいっぱい顔に付けています。



私「行きたいとこは?食べたいものは?してほしいこととかあったら伝えておくよ」
K「特にない・・・一日のんびり過ごせたらいい」と
ちょっと遠慮してる感じが伝わってきたので
私「家族なんだから遠慮せずに言っちゃいなよ」
K「家族?Kも?」
私「そうだよ!みんな家族だよ」
Kちゃん側に家族という感覚に、
まだ少し戸惑いがあるような感じを受けました。


<飼い主さんの感想>
  Kがうちに来たころ、拾得物扱いで保管期間というものがあり、正式にうちの子に
  なったのは、半年後でした。それまでは母も情が移ると飼い主が見つかったときにつらい
  から、とKの世話はほとんど私1人で見ていたからなのでしょうか。
  本当に好きなことやしたいこと、して欲しいことは遠慮して言えないのでしょうか?
  Kを家族だと思っているから、Kの楽しいと思うことや好きなことをさせてあげたい
  といつも思っているのですが。


情緒不安定なときがあるということ。まだ遠慮があると私が感じたので聞いてみました

あっちいってこっちいって・・・ずっとここにいられるのか不安なイメージが伝わってきて
迷子になる前にも、色々転々としていたような感じも受けました
私「前にいたとこのこと覚えてる?」
K「あんまり覚えてない。思い出したくない」
と言いつつも見せてくれたイメージは
ガチャガチャ工場みたいなところに
人の出入りが激しく騒がしい感じ。
名前はカタカナのイメージが伝わってきました
「今は静かでいい」って。


<飼い主さんの感想>
  うちに来るまでの経歴はまったく分かりませんのでなんとも言えません。
  ただ、「また捨てられるのでは」という不安をいまだに持っていると感じることはあります。
  「ずっとうちの子だよ~」と言っているつもりなのですが…。
  「今は静かでいい」というのはその通りです。田舎ですから、車の通る音もそんなにしないし、
  小さい子供もいないので、家の中はわりと静かだと思います。



あと車の乗るを嫌がりませんか?
車にとってもマイナスなイメージが伝わってきたのです。
迷子になったのではなくて、車で連れてこられてた???って印象があって。。。

<飼い主さんの感想>
  やはりそうですか…。車はとにかく嫌がるというより、怖がります。
  車で出かけるときには、かわいそうなくらいの震えとパンティング、おびえた目をしています。
  本当は車でドッグランとかあちこち連れていってあげたい、と思っているのですが。



そんなことがすべて相まって
「なんとなくここにいるけど、大丈夫なのかな?」
って不安がいろんな言動に表れているような感じがしました。
「ここにずっといて、みんな家族で!Kちゃんは大事な家族なんだよ」ということを
言葉や行動で示してあげてください。
本来のとっても天真爛漫でマイペースでKちゃんになってくれればいいなぁと思います

最後に私から「みんなKちゃんが大好きだから、みんなと仲良くしてね!」と言ったら
「わかった」と言ってくれました。

 
<飼い主さんの感想>
 私たちは、もう4年間も一緒に暮らしてきて、当然家族だと思っていたのですが、
 Kがいまだに不安を持っているということがちょっとショックでした。
 父や母に抱っこされるのは嫌みたいで、父や母が「抱っこしてあげる」と言っても走って私の
 元に来ますが、父と母に対して、何かまだ壁があるのでしょうか?  



あとちょっと気になったのが
背中にピリピリとした痛みのイメージが送られてきました。
私は獣医さんではないし、普段一緒にいないので
何か別の感覚なのかもしれませんが
もし、何か気になるようなことがあれば獣医さんにご相談してくだい

<飼い主さんの感想>
  背中にピリピリとした痛み、ですか?最近季節柄、抜け毛が多いのでブラッシングを
  しつこくし過ぎってことでしょうか…。ちょっと注意してみます。
  Kがまだ完全には心を開いてくれていないのかな、と感じてちょっとショックでした。
  こちらは当然家族だと思って生活していても、ちゃんと説明してあげないといけないですね。
  飼い主としてまだまだ至らないことを痛感しました。

  これからは今まで以上にいっぱいはなしかけて、いっぱい可愛がってあげたいと思います。

  本当にありがとうございました。




<後記>
色々な経験をして、飼い主さんのところへやってきたKちゃん
飼い主さんの思いはちゃんとわかってるのに
少し不安な感情がある・・・
これは飼い主さんの愛情不足とかそういうものではなく
Kちゃん自身もよくわからないトラウマのような感情ではな
ないでしょうか?!

これからも愛情たっぷりのおうちで
健やかにのびのび暮らせ
Kちゃんがずっと幸せでありますように!


人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック