ペットさんが見ていた未来を教えてくれました

関西を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
動物対話士®のこみやちかです!

暑い毎日ですがペットさんも飼い主さんもしっかり寝てしっかり食べてくださいね。



DSC_0560.jpg


以前セッションさせていただいた方から
うれしい後日談をいただきました。

セッションさせていただいた時に
ペットさんがとても強い思いで
「弟を守らなきゃいけないんだ」と
ベビーキャリーに乗った赤ちゃんの映像をみせてくれたのです。
とてもほほえましい雰囲気とともに飼い主さんにお伝えしたら・・・

そのおうちにはご夫婦ふたりで
子供さんは欲しいにもかかわらずなかなか恵まれないとのことで
ペットさんと暮らすことを選択されたとのこと。
ペットさんから教えてもらったままお伝えしたのですが
おつらいところの話だったかなと
気にしていたのです。
最近ひさしぶりにご連絡いただいたら
な!なんと赤ちゃんが授かり
それも男の子だったとのこと!
ペットさんは以前セッションさせていただいたときに言っていたように
本当に大事に大事に弟くんを守ってくれてるとこと。

ペットさんが今の状況を察知していたのか
飼い主さんの願望にペットさんが反応したのかは
わかりませんが
ペットさんは未来を見せてくれていたのですね。

たぶんセッション時は飼い主さんは
「そうですか?????うちには子供はいないのですが・・・」
??がたくさんの状況できっとお気持ち的にはしんどかったと思うのですのが
今になって「あのときの○○の言葉こういうことだったんですね」と納得されたり
びっくりされたりでした。
当時は???がいっぱいでも
あとから「あ!」と思っていただけることかなりあるようです。

私は神様ではないので
すべてが見渡せるわけではありません。
見当はずれな部分もあると思います。
「???な部分は???のままで流してくださいね」とお伝えするのですが
あとから「???の部分わかりました~」と
言われるとやっぱりうれしいですし
飼い主さんが???な顔されても
感じたまま、ペットさんから伝わってきたままを
ウソ偽りなくお伝えすることが大事なことなんだと
自分自身に銘じるきっかけにもなります。

動物対話士はペットさん・飼い主さんの気持ちに
そっと寄り添える存在でありたいと思っています。


                     

2011年師事する伊東はなん氏からアニマルコミュニケーターの認定を受け
その後の活動が認められ伊東はなん氏が商標登録した
動物対話士®として認められ現在にいたります。

わが子パグのピースの問題行動が動物対話(アニマルコミュニケーション)の
原点だからこそ
問題行動に悩む飼い主さんと同じ目線で一緒に考えていくお手伝いをします。


関西を中心に動物対話セッション(アニマルコミュニケーション)と
飼い主さん自身が自分でわが子と話せるようになる動物対話基礎講座などの
活動をしています。

詳しくは⇒
動物対話(アニマルコミュニケーション)の詳細・お申込みは
あおぞらHoliday


                     


メルマガイメージ画像

pc用

スマホ用

携帯用













にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

#55対面セッション・犬のKくん

【至急】6月18日22時59分に
メールフォームからご連絡いただいたSさま
メールエラーでメールが戻ってきてしまいます。
ご確認の上もう一度メールアドレスなどメールフォームからご連絡くださいませ。


おうちに伺っての対面セッションさせていただきました



<飼い主さんの感想>

先日は 遠いところまで来ていただいて 
セッションをしていただき ありがとうございました。
何をたずねてよいか わからないまま 
チカさんに思うままにKとの生活を話ましした。
Kは 私がチカさんに話すことを直接聞いていて 
チカさんに答えてると聞き正直びっくりしました。
小さいからだで いつも私の顔ばかり見て
私の後ばかりついて来るKが 今以上に愛おしくなりました。
突然しばらく預かることになったゴールデンの子犬Rのことも 
ちゃんと理解しお兄ちゃんらしくできたことも
チカさんにだけ こっそりお話したのかなあ。
現在のKのお困りごとは Kと話しながら 徐々に改善できたらと思います。
Kが チカさんのそばにからだを寄せに行ったのは 
きっと自分の気持ちを私たちに伝えてくださったのが
うれしかったのかなあ...と思いました。
Kは 来週3才になりますが いつか成長したKとまた お話していただけたらうれしいです。
1週間いろんな思いで過ごしたので お礼がおそくなってすみませんでいた。
ありがとうございました。



<後記>
飼い主さんが聞いてほしいことを私に話してくださってる言葉で
もう返事をしてくれていたkくん。
きっと普段からこうしてご夫婦の間にはいって
会話してるんだろうなって感じられました。

その様子をみていると
私なんかが出る幕ないなぁ~と思いました

ちょっと苦手なこともあるけど
それは飼い主さんの言葉かけで十分に克服できるんではないかと
感じました

これからもKくんを囲んで
楽しい時間が送れますように!

今回は貴重なお時間ありがとうございました



無料対面モニター募集中!





人気ブログランキングへ


多頭飼いの相性【#38 犬のPくんのセッションレポ】

今回は、9歳になりそろそろシニアの仲間入りといった
落ち着いた雰囲気のワンコくんとお話しさせてもらいました


<性格・雰囲気>
今はとても物静かで草食系といった
若いころはなにかとやんちゃさんだったような雰囲気です
でも裏表のない素直な子
ち「お母さんに 頼まれたし少しお話ししてくる?」
PE「なにを聞きたいの?」「
ち「色々・・」


<質問1 お散歩にいく人の事>
ち「お散歩は誰と行くの?」
PE「いろいろ」
ち「PIちゃんとは一緒に行くの?」
PE「一緒」
お母さんとのんびり3人で歩いてる様子が伝わってきました。
急ぐでもなく、慌てるでもなく
ほんんとほのぼのした雰囲気が伝わってきました

ち「PEくんはお散歩好き?」
PE「好きだよ~でも前みたいには歩けないから・・」と
前はひっぱりながら先先に歩いてる様子でしたが
今はお母さんにくっついてのんびり歩いてる様子が伝わってきました

<飼い主さんの感想>
うちは、私以外に同じ事務所で働いている同僚と主人の3人が
主にお散歩にいきます。一番多いのは事務所の同僚です。
もしかしたら私だというイメージは同僚の事かもしれません。

また最近デブくなったせいか、散歩に行くのがおっくうに
なってきました。


<質問2 背中(お尻?)をなでなでした時の事>
ち「背中撫でなでされるのは好き?」
PE「好き!」と言いながら伝わってきた映像は
撫でられると腰くだけ?というのか、へにゃ~となっていまう感じ
ち「そっか~」
ち「どんな時に撫でてもらうの?」
PE「お母さんにが座ってる時」
お母さんに余裕のあるとき
落ち着いて座ってる時という意味みたいです。

<質問3 PIの事をどう思う?ずっと一緒にいたい?>
ち「PIちゃんのこと教えてもらえる?」
PEくんのほうが先にいて、
PIちゃんが来たようなイメージが伝わってきました。
PE「元気なんだよな」
ち「それは、まだ若いからね」
PE「元気すぎてついてけない」
ち「一緒に遊んだりはしない?」
PE「しない。遊ぼうっていうけどうごかない」
ち「それはPIちゃんが嫌いなわけじゃないでしょ?」
PE「うん。めんどくさいだけ」
ちょろちょろ動き回るPIちゃんのそばで
われ関せずで寝てるイメージが伝わってきました
ち「でもPIちゃんかわいいよね」
PE「まぁね。もうちょっと動けたら一緒に遊んぶけど
もう仕方ない」
ち「でも一緒にごはん食べたり、お散歩したりしてるから
それだけでもいいんじゃない?PIちゃんはうれしいと思うよ」
PE「いないよりはいたほうがいいかな?」

PIちゃんがいる状況はきちんと受け入れてるし
相性があわないとか、毛嫌いしてるとかは全然伝わってこず
いたらいたでいいんじゃない~って少し達観したような感じで
一緒にいるようです。
PIちゃんがPEくんを頼りにしてるような感じも伝わってきました。
同時にお散歩時に「ちゃんとついてきてるかな?」と
気にしてる様子もつわたってきて
なかなかいいコンビのような感じです

<飼い主さんの感想>
これはどちらかというとPIの反応です。
PEはくすぐったくてたまらなくなり大興奮します。
もしかしたらかゆくてもさわられるのが好きなのでしょうか!?(笑)


<質問3 PIの事をどう思う?ずっと一緒にいたい?>
ち「PIちゃんのこと教えてもらえる?」
PEくんのほうが先にいて、
PIちゃんが来たようなイメージが伝わってきました。
PE「元気なんだよな」
ち「それは、まだ若いからね」
PE「元気すぎてついてけない」
ち「一緒に遊んだりはしない?」
PE「しない。遊ぼうっていうけどうごかない」
ち「それはPIちゃんが嫌いなわけじゃないでしょ?」
PE「うん。めんどくさいだけ」
ちょろちょろ動き回るPIちゃんのそばで
われ関せずで寝てるイメージが伝わってきました
ち「でもPIちゃんかわいいよね」
PE「まぁね。もうちょっと動けたら一緒に遊んぶけど
もう仕方ない」
ち「でも一緒にごはん食べたり、お散歩したりしてるから
それだけでもいいんじゃない?PIちゃんはうれしいと思うよ」
PE「いないよりはいたほうがいいかな?」

PIちゃんがいる状況はきちんと受け入れてるし
相性があわないとか、毛嫌いしてるとかは全然伝わってこず
いたらいたでいいんじゃない~って少し達観したような感じで
一緒にいるようです。
PIちゃんがPEくんを頼りにしてるような感じも伝わってきました。
同時にお散歩時に「ちゃんとついてきてるかな?」と
気にしてる様子もつわたってきて
なかなかいいコンビのような感じです



<飼い主さんの感想>
PIは確かに後から来たコです。
ものすごいパワーで走り回ったり、PEのことをなめまわしたりするので
PEは少々困り顔。おっしゃるとおり「めんどくさ〜」って感じです(笑)
たまにスイッチが入ってPIの事を逆になめまわしたりもします。
パワー有り余るPIに多少押され気味なので迷惑だと思っていたら
どうしようかと思いましたが、いたほうがいいのであれば良かったです。


<質問4 おとーちゃんをどう思う?>
ち「PEくんはお父さんのことどう思ってる?」
PE「おとーちゃん?」
ち「うん」
PE「お世話とかはしてくれないけど、大事にしてくれるよ」
ち「そっか・・」
PIちゃんのような感情は伝わってこず
お父さんが結構淡々とした方のような感じで
感情を表にださない
けど、PEくんはちゃんと愛情を感じているような
感じが伝わってきました。

PIちゃんの
「私たちのことあんまり好きじゃないみたい」の言葉は、
もしかしたらその感情の奥をまだ読み取れてないのかも?!と
PEくんのセッションして
PEくんをとおしてそんなことも思いました

ち「おとーちゃんとは仲良し?」
PE「仲良しかな?一緒に寝転んだり・テレビ見てるときにそばにいたりは
するよ」
ち「それは仲良しなんじゃない?!」
PE「じゃ~仲良し」

べたべたはしないけど、男同士の友情みたいな独特な雰囲気が
伝わってきました。
なんとなく仲良し~的な・・

ち「最後にお母さんに伝えたいことある?」
PE「あんまり頑張らないで」
ち「お母さん頑張る過ぎてる?」
PE「忙しそうでずっとばたばた動いてる。たまにはのんびりしよ~よ」
ということでした。
たまにはPEくんをおひざにのせて
スキンシップしながら、のんびりお話しするのもいいかもしれませんね。


最後のほうはPEくん眠かったのか
私は眠たい時間でも状況でもないのに(午前中です)
猛烈な眠気が襲ってきました。

で、
「眠たいとこ色々ありがとうね」と声掛けたたら
「いいよ~大丈夫だよ~」と温和な言葉が返ってきました

<飼い主さんの感想>
ひょっとして、これ、うちのおとーちゃん=私の父の事でしょうか??
おとーちゃん=うちの主人のつもりで伺ったのですが、内容を拝見するに
どちらかというと私の父の事のように思われます。
ちなみにうちの主人はPEを溺愛しておりまして、いやがるPEを無理矢理
抱きしめたり、チューチューしたりしております(苦)
大体逃げ出して、いつも自分がいる場所に行ってしまうのですが。

「あんまり頑張らないで」はよくわかりました。
PEにまで心配されてるなんて(笑)
私は自宅で仕事をしており、夜遅くまで作業をしている事も多いです。
たまにはPEとゆっくりしたいと思います。
(PIが割り込んでくるまでですが...)

朝寝タイムだったのでしょうか?
朝ご飯の後はちょっと眠るので。
まぁ、一日中ゴロゴロはしてますけれども。



<後記>
年相応な落ち着いた対応でしっかりたくさんお話ししてくれました。
そしてご家族のことをよく観察してるとってもいい子でした。
質問4のおとーちゃんの件は、メールでもお返事しましたが
私はご主人をイメージしてお話ししてたので、
PEくんにもそう伝わっていたかとは思うのですが
もしかしたら、少し観点がずれていたのかもしれません。
これからも家族そろって、仲良くお過ごしくださいませ

私の言ったことが通じました!【#20 猫のMさんのセッションレポ】

今回はとっても猫らしい気品のたかい猫さん
でもうちに秘めたたものは?


<性格・雰囲気>
まさにきれいなお姉さんっていうのを地で行く雰囲気を持ってますね
自己紹介とご挨拶をしたら「あら?!何かしら?」的な対応をされました。
とても落ち着いた雰囲気で年相応な感じ。
自分の中のマイルールもしっかり持っている子だという印象です

私の話もしっかり聞いてくれて、
自分の考えもきちんと話してくれるという感じでした。

<飼い主さんの感想>
私もMはしっかりものと思っています。
はっきりと意思をつたえられる猫だと思います。


<どこで寝てるの?>
一番に飛び込んできたのは言葉ではなく
映像で
高い場所・暖かい場所というイメージ

よーく観察してみると、タンスorチェストの上にベッドが
置いてあるイメージが伝わってきました
ベッドの色はくすんだグリーンみたいな・・・

わ「夜もそこで寝るの?」
M「夜は違う」
わ「じゃ~夜はどこで寝るの?」
M「夜はママたちの横」
わ「一緒のお布団じゃないの?」
M「一緒ではないよ」
とは、言ってるけど、なんとなく一緒のお布団で寝てるイメージも
伝わってくるのですが、照れ隠しかな?!

<飼い主さんの感想>
寝ている場所は、たんすの中です。
大きなたんすの中のひとつに毛布を敷いてMの部屋にしています。
そしてその部屋は、上の段ですよ。
上のほうというのはあってますね。
タンスの色は、よくあるうすい茶色です。
毛布は、水色です #

昼間は、そこでよく寝ているみたいです。
夜は、寒い冬場は、私たちの布団にもぐりこんできたんですが、
最きんは暑いので、あまり入ってきません。
どこで寝ているのかは、はっきりとはわかりません。
ちかさんが、ベッドではなくて布団とはっきりかいているので、
びっくりしました。 



<どうやって起こすの?>
見せてくれたイメージは
上に乗ってニャオニャオないて、顔なめてホリホリする。

わ「お腹すいて起こすの?」
M「ちがう」
わ「じゃ~なんで起こすの?」
M「さびしいから」
わ「あ~そうなんだ」

<飼い主さんの感想>
Mは、私たちを起こすとき、耳元でないてみたり、
鼻を唇にくっつけて起こそうとします。
それでもおきないときは、上にのってなきますよ。
おなかがすいて起こすようですが、
食べたあとなど、どちらかがねていると、起こします。
そのときは、さびしいからなんだろうなと思っていました。
ちかさんのおっしゃるとおりですね。



<にゃ~にゃ~なくのは何か言いたいことあるの?>
わ「何か伝えたいことある?ごはんのこと?」
M「違う」
わ「抱っこしてほしい?」
M「違う!」
わ「遊びたい?」
M「違う」

なんなんだろう?!とその時の様子を見せてもらったら
「どこいくの?」と聞いてるイメージ
おでかけ前の様子でしょうか?!
それと「お話ししよう」って言葉
おふたりの会話に加わりたい、仲間に入りたい。一緒にいたい。
というイメージが伝わってきました
が、それは長時間しつこく言ってる感じは感じないのです
その時々にちょこっと言ってみるみたいな・・・

<飼い主さんの感想>
私が、一番納得したのがこの部分です。
なにをしてあげても満足してない様子だったので、
ちかさんのおっしゃるとおり、話しかけているんだと思います。
それも長くは、なかないです
ちょこちょこっと、いろんな場面でなくんです。
ほんとうに納得です。
ちいさな子供が話しかけているイメージそのものです。



物理的なことより精神的なみたいな感じで
でも、そんなに大きな不安や不満じゃなく
小さい子が「ねぇ~ねぇ~」とまとわりつく感じ
出かけるとき、帰ってきたときにたくさん声をかけてあげたらいかかでしょうか?

と、色々Mさんの気持ちさぐりつつ、今までの答えを重ねつつ
私に急にピンとくるものが!
「中心にいたい」というイメージ
わ「Mさん。みんなの真ん中にいたいの?」
明確な答えは返ってきませんでしたが、否定の言葉もありません
わ「そのまま、ママに伝えておくね。でもそれぞれのおうちのルールもあるから
  それがそのまま叶えられるとは限らないけど、そこはママと相談してね」と
伝えておきました。

<飼い主さんの感想>
こちらの部分も納得ですよ。
みんなが話しているときは、ないたりしますから。
話しているそのわの中に入ろうとしているかんじがします。


<旦那さんのそばにいたがる理由>
これを聞いた途端
「安心するから」という答え
M「ママはあちこち動くけど、パパは座ったら動かない」
わ「ママはおうちではいろいろ忙しいもん。仕方ないよ
  でもママもくっついてほしいみたいよ
  寝るときに、一緒に寝たらは?!」
M「寝るのは一人でいい」

M「ママに決して嫌いじゃないよ。って伝えておいて」
わ「わかった!伝えておくね。でもママもそれはわかってるよね?」
M「たぶん」

わ「そんなにパパにべったりだと、パパのいない日はさびしいね」
M「パパだけじゃなくみんないないとさびしいよ」
わ「そうだね。みんな家族だからね」
M「そうだよ」

<飼い主さんの感想>
安心するからという答えもとても納得がいきます。
パパもよく動くんですが、パソコンで仕事することが多いので、
そのときは、長時間すわったままです。
私もパソコン使いますが、仕事ではないので、長時間すわったままではないです。
私は、落ち着きがないので(笑)、ちょこちょこ動きます。
それでMもおちつかないのでしょうね。おもしろいですね。



ちょっとスマしたクールなお姉さんタイプかと思いきや
話を進めていくと、甘えん坊なところもある
なんとも魅力的なMさんでした

<飼い主さんの感想>
まさにMの性格を的確に表現しています。
とても甘えん坊な猫です。


ちかさんからメールをもらったあとに、Mをだっこして話しました。
「ちかさんとはなしたんだって? Mは、 中心にいたいの?」
そしたら、恥ずかしそうにしらんぷりしているようでした。
そして、わたしのいったことをりかいしているようでした。
その表情がまた、人間のようで、かわいかったです。
ちかさん、ほんとうにすばらしいセッションをありがとうございました。
このセッションのおかげで、
Mとコミュニケーションがうまくとれるようになりました。



<後記>
私とペットちゃんがお話しさせていただいたことで
飼い主さんとペットちゃんのコミュニケーションの架け橋が
できたということは、うれしい限りです。
アニマルコミュニケーターが非日常的なシーンで言葉を聞くより
日常的に言葉を聞ける飼い主さんが聞くほうが
ずっといい影響があると思っています
これからもずっとたくさんお話しをしながら
過ごしていかれればと思います。




人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ

お外の音が怖いパピーちゃん【#19 犬のSくんのセッション】

#18のインコちゃんの同居犬のまだ3か月のパピーちゃんです

<性格・雰囲気>
ちょっと怖がりで無口⇒経験が少ないから言葉数が少ないだけかもしれませんが・・
最初ご挨拶して「お母さんに頼まれたんで、ちょっとお話ししてくれる?」
S「いや~」って言われたので
「そんなこと言わないでお話しして~」といいつつ
「お母さんに頼まれたんで、怪しい人じゃないよ~」とか説得しつつ
ちょっと待ってました

<飼い主さんの感想>
外向きの様子に似てると思いました。
ご近所さんとかに会うと、「いや~」って感じで体ごとそむけてしまったりするので(笑)



<音のなるおもちゃの色>
わ「Sくんのおもちゃのうちで音のなるもの教えて」
言葉ではなくイメージで伝えてくれたのは
オレンジor赤のボールみたいな形で鈴が入ってるのを見せてくれました。

あと少ししてから、白いぬいぐるみも伝わってきたので
わ「それ音でるの?」って聞いたら
ハミハミ噛んでるイメージが伝わってきたので
音のでるものではなく、Sくんが好きなものかも?!

<飼い主さんの感想>
形はボール…っぽいかも知れませんね。
色は赤っぽいですが、鈴は入っていません。
ぎゅっとするとキュッと鳴るおもちゃなので。
音の出ない白いぬいぐるみ、ありますね。
うさぎのぬいぐるみなんですが、耳とかシッポをよく噛んでます。


<うちに来る前にいたところ覚えてる?>

お店のイメージではなく、段ボールに入って子いぬ(兄弟犬かな?)
緑がたくさんあるイメージでふつうのおうちのようでした。

わ「ひとりだけお母さんところに来たの?」
S「うん。タオルにくるまれてきた」
  どこにいくのかわからなかったけど、でもなんか暖かかったから
  心配はしてなかった。」


<飼い主さんの感想>
三兄弟でお店には来たようで、私がお店に行った時は一匹だけ貰われて、
お姉ちゃんだか妹のどちらかと一緒にいたんですけどね。
それとも我が家には一人でってこと…?
家に来る前にはシャンプーとかしてもらってますが、
段ボールに入れて我が家には来たので、これは解からないですね。
でも心配はなかったようで、良かったです。



<お外は怖い?>
S「色んな音がいっぱいするし・・・・」と
車、バイク、色々な音がもわーっという感じで伝わってきました。
とても音に敏感な子のイメージがします。

わ「音が怖いの?」
S「うん」
わ「色んな音はするけど、だいたい大丈夫な音がほとんどだよ
  慣れるまで抱っこで連れていってもらおうか?!」と提案したら
抱っこだと安心するイメージが伝わってきました。
ので、慣れるまで抱っこで少しずつ慣らしていくというのは
どうでしょうか?


わ「おうちの中の音は大丈夫?」
S「ちょっと怖い音もあるけど・・・」
わ「どんな音?」
S「Hちゃんが飛ぶ音」
ぱたばたという音にびくっとする様子が伝わってきました

これはHちゃんが言ってた「飛んでるときにワンワン吠えてうるさい」という
Hちゃんの言葉と合ってるような気がします。

そんな話をしてると、突然耳にキーンと(機械音)みたいなものが飛び込んできました。
Sくんはこの音も怖いみたいでした。

<飼い主さんの感想>
まだ予防注射が終わっていないので、今も抱っこしたままお散歩をしています。
初めは玄関から外を見て、それから家の前を歩いて、今は車道を歩いて…。
少しずつ距離を伸ばして外に出ていて、今は前よりかは慣れてきたようです。
人に会って立ち止まると「いや~」っては相変わらずなりますが(笑)
外が怖いのは音だったんですね。
家の中でも物音には敏感なほうかも知れません。
これは私にはどうにも出来ないので、慣れてくれる日を気長に待つしかないですね。



<飼い主さんの感想>
以前、Hに向かって吠えたことがあったような気がしますが、
今では吠えるようなことはないですね。
顔を近づけたり、逆に興味はありそうに感じます。
ただ、飛ぶときに反応はありますが、ビクッとするほどではなく
「なに、飛んだの、飛んだのか」みたいな確認を込めたような反応に思います。
これも慣れて来たのかもしれません。
機械音みたいな音…なんでしょう?
掃除機には寄って来るのでそれではないと思いますし、携帯やテレビとも違うでしょうし…
もしかして、殺虫剤みたいなスプレーの音でしょうか?
それだったら、心当たりがなくはないですね。



<おうちに来てよかった?>
S「う~ん。よくわかんない・・・お母さんはやさしいよ」
のあと、言葉もイメージもなかなか伝わってこなかったので
わ「ごはんはおいしい?」と具体的に聞いてみました。
S「やわらかいのがおいしい」

<飼い主さんの感想>
まだ1ヶ月だものね、これから良かったと思ってもらえれば良いです。
そして、やわらかいご飯…
ふやかしてたご飯ではなく、やわらかいご飯ですよね。
病院にお世話になったときに出された缶詰のご飯のことかな?



わ「なんかいやなのことや、やめてほしいことある?」
S「別にない・・・・・・・」と
こちらも長い沈黙のあとぽろっと・・
S「○○と比べないで。ゆっくりできるようになるから」
わ「○○って誰?」
Sくんが言葉で伝えてくれないので、リーディングしてみたところ
Hちゃんはなんかしっくりこない感じ。先住犬さんかな?!という感じを受け取りました

私がSくんから感じたことは
飼い主さん側がいろいろ焦る必要ないような感じ伝わってきます


わ「今一番楽しいことはなに?」
S「ごはん。あとお母さんとひっぱりっこ」
わ「そっか~お母さん独り占めにできていいね!」
S「うん。」(ちょっと得意げ)


わ「これからいっぱい楽しいことあるよ!!お母さんと仲良くね」と
お伝えしてセッションを終わらせてもらいました。


<飼い主さんの感想>
先住犬と比べるには全然違うので、比べてはいないんですけどね。
逆に「Sのは出来るのに、妹のわんこはできないんだって」と言うことはあります。
それも良くなかったのかな。
私自身「他所は他所、家は家」と考えているので、その誤解は解きたいとこです。
とりあえず、Sのは先住犬より早く「おすわり」を覚えてると思うよ!
特に焦っているようなことはないので、
のんびり出来ることが増えていけばいいと思います。




お話しさせてもらって、まだパピーちゃんぽさは
抜けないけど、こちらのいうこともしっかり聞いてくれるし
おとなしくてやりやすいような感じを受けました。
これからたくさんの経験をしていろんなことをいっぱい吸収して
大きくなっていくんだろうなって思うと
私までわくわくしてきます。

<後記>
今回は同じおうちの中のことを
インコちゃん、ワンちゃんと違う視線で見せていただき
同じ出来事でも視線が違うと
こうも違って見えるのかと新鮮な驚きでした。

Sくんはまだパピーちゃんでこれからいろいろな経験をし
色々楽しいことが待ってるんだろうと思います。
同居インコくんと仲良く楽しく過ごせるようにお祈りしています。




人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ



プロフィール

chika60

名前;ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック