「犬と猫と人間と2-動物たちの大震災」を見て思うこと・・・

京都を中心にペットちゃんの愛ある言葉お届けしている
アニマルコミュニケーターのこみやちかです



3月16日癒しスタジアムIN大阪です
春の一日色々なブースが出展します。
遊びに来てくださいね~もちろん「こみやちかってどんな人?」って方も大歓迎!
詳しくはこちら⇒癒しスタジアムIN大阪
ご予約いただいた方には無料優待券さしあげています。
優待券の発送は3月14日午前中までとなりますので
ご予約お考えの方はお急ぎくださいー








震災から3年めの3月11日
以前こちらでもお知らせした大阪経済大学で催された
「犬と猫と人間と2-動物たちの大震災」上映会&トークセッション
に行ってきました。

テレビでは絶対放送できない映像ばかりでした。
頭ではわかっていましたがいざ映像で突きつけられると
もう辛くてつらくて・・・
とても悲惨な映像でした。
でも目を背けていてはダメな現実でした。

今日はちょっと固くて私個人の意見大放出と偏ったものになるので
追記にします。そんなの読みたくないよ~って方は続きは読まないでくださいね



futta3091-1366x768.jpg

続きを読む

『永遠の0』を見て

週末は京都でもうっすら雪化粧でしたが
きょうはちょっと寒さも緩んだ大寒となりました。

これは絶対見たいと前売り券買いつつ
なかなか見に行けずにいた「永遠の0」やっと先週見に行けました。
お正月映画なので早く見に行かないと終わってしまうとハラハラ
終わらなくても上映時間少なくなってはなかなか時間合わなくなりますからね。

私の今年の映画はじめです。

単なる戦争映画ではなく心のずしんとくる切なくて悲しくて・・
何もかもがどうしようものなくて・・・
こんなに泣いた映画は初めてです。中盤からずっと涙が止まらなくて
終わったあとにトイレに駆け込んで顔確認しました。
泣きはらしたひどいものでした。
同年代の友達も嗚咽こらえるの必死だったとか
みんな同じような状態だったらしいですから
年齢的なもものもあるのかな。


戦後69年になり直接戦争を語れる人が少なくなり、
82歳になる私の父ですら学徒動員でお腹がすいてた話しかできないのですから
戦地に行った方はもっともっとすくなくなって・・・
だからこそ力のあるこういう若い俳優陣が出演して
それをきっかけにぜひ若い世代に見て欲しい映画です。

戦時中の理不尽なこともたくさんある中で
生きていた・死んでいった人たち
今私たちがこの時代でどう生きるかという事
これから私たちが次の時代にどう繋いでいくのかを考えさせられるいい作品でした。


見たいと思いつつまだの方お急ぎください~

さて今年はどんないい作品に何本巡り合えるかな?!
ちなみに去年は11本見ました。


アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ






黄泉がえり

私は今年最後の出展になります。
癒しスタジアムIN大阪。
ご来場お待ちしております!
☆☆10月6日癒しスタジアムに出展します。くわしくはこちらまで☆☆


今日は天高く素晴らしい青空です。
まだ少し暑いものの空の気配はすっかり秋模様ですね。

何冊かおすすめ図書をご紹介させてもらいましたが
こうしていろいろな本を読んだり
学問的なことを勉強したりしていくと
死後の世界も今とさほど何も変わらないんだなということが
わかりとちょっとワクワクすると気持ちと同時に
「私今本当に生きてる?」と不安になったりもします(笑)


そんな時に思い出したが梶尾真治著の小説「黄泉がえり」
2003年に映画化もされた作品です。

この本も映画化されたときに原作が読みたくて
単行本で買って読んだはずだけど
いかんせんどこへなおしこんだかわからない。
死者が実際に蘇ってくるというお話しの
フィクション作品ですが
霊の物質化は本当にあることですし
これもなかなか面白い作品だと思います。


どうしてもこの世で生活してると
この世がすべてという感覚に陥るけど
決してそうではなくて
色々な世界がつながってるというか
すべての世界に属してるいると
考えるのがいいのかな~
なんて思ってしまいます。

この本は文庫本にもなっていますし
図書館なんかにも置いてあるんじゃないでしょうか。

アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

タイタニック沈没から始まった永遠の旅

私のスピリチュアルおすすめ書籍第2弾

『タイタニック沈没から始まった永遠の旅』
かの有名な世界最大の豪華客船タイタニック号沈没事件で海に沈んだジャーナリストの
ウィリアム・ステッドさんから娘さんに送られてきた死後の体験記で
スピリチュアリズムが明かす死後の世界が書かれています。

沈没直後の生々しい様子から次に行くブルーアイランドと呼ばれるところの様子が
事細かにまるで映像を見るように描かれつつ
そのときにステッドさんの気持ちや考えることなども加味して伝えられてきています。
生きているときのジャーナリストという仕事柄なんでしょうが
的確で的を得た人に文章で伝えるという力の強さを感じる作品です。

私が一番興味深かったのは
沈没直後の様子を
「今ここに電話があればきっとこの様子を夕方の特集記事に送ってやりたい気分でした」と
悔しがるステッドさん。
魂だけになっても本質は何も変わらないんだなぁ~とちょっとくすっと笑える部分です。


残念ながらこれを書いている時点で楽天ブックスには在庫がなく
アマゾンも中古しか売られてないようですが
興味のある方は本屋さんめぐりして探してみてください。
ちなみに私もなかなか見つからず中古を購入しました。
KIMG0627.jpg

アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ






小桜姫物語

関西はやっと晴れてきました。
まさにさわやかな秋の空気です。

前回の続きからの私のお薦めのスピリチュアルな本のお話しです。

ちょっとスピリチュアルに興味のある方からスピリチュアルを学ぶもの
すべての方にとてもわかりやすい本として
現代スピリチュアルリズムの先駆者浅野和三郎著の「小桜姫物語」があります。

この本は鎌倉時代実在した小桜姫からの霊界通信を浅野さんの妻多慶子さんを通じ届けられたものの書籍化で
ぐいぐいひきこまれていくとても興味深い本です。
その中にはみなさんが知りたい思っている死後のことや霊界や神界の仕組みなども
詳しく書かれています。なにより日本のお話しなのでとっつきやすいです。
そして小桜姫がけなげでかわいらしい。
この小桜姫は今でも神として神奈川県三浦市に
小桜神社としてお祀りされているそうです。
私も一度お参りしたいなと思っています。

西洋の本にも「シルバーバーチの霊言集」や「ホワイトイーグルの霊言集」など
世界中で読まれている素晴らしいものもありますが
時代背景などを頭に思い描いたり推測しながら読むより
日本人として日本独特な内容のあるほうが読みやすいと思います。

私の持っているものは本文の復刻版ですが

KIMG0626.jpg
現代語訳されたものも出版されているようですので
興味のある方は探してみてください


アニマルコミュニケーションの詳細・お申込みは
あおぞらHoliday






にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ






プロフィール

chika60

名前;こみや ちか
活動拠点;関西一円


★動物対話士(R)(アニマルコミュニケーター)
(動物対話協会認定001号)

★一般社団法人
  動物対話協会理事


★現代レイキヒーラー

★ホリスティックケアカウンセラー

★愛玩動物飼養管理士2級

★魔法の質問キッズインストラクター

★ペット食育士2級

★動物取扱業;京都市登録第130005号<訓練>

我が家のペットちゃんは
パグの女の子ピース10歳


にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
facebook
facebookページ
最新コメント
月別アーカイブ
いらっしゃいませ!
ただいまの来客中
現在の閲覧者数:
携帯版QRコード
QR
リンク
検索フォーム
最新トラックバック